ニュース
» 2008年10月16日 08時51分 UPDATE

ドラマティック家計簿:せこく戦え! 「節約戦士 おサイフセイバー」 (1/2)

倹約をモットーとする5人家族には、ご近所も知らない裏の顔があった。彼らは日々浪費と戦う「節約戦士」。今日もムダづかいを戒め、せこい必殺技でおサイフを守る。

[芹澤隆徳,ITmedia]
photo イメージイラスト

 倹約をモットーとする「節約一家」は、どこにでもいそうな5人家族。ところが、ご近所の奥様方も知らない裏の顔があった。

 彼らの正体は、日々の浪費と戦う「節約戦士 おサイフセイバー」。今日もムダづかいを戒め、せこい必殺技でおサイフを守る! しかし、背後に「浪費三姉妹」の魔の手が……。どうする節約戦士、どうなる今月のおこづかい。なんとかやりくりして家計のピンチを切り抜けろ!

 ……という、ドラマティックな家計簿が登場する。

 タカラトミーが年末に発売する「節約戦士 おサイフセイバー」は、液晶画面の中で熱いストーリーが展開される電子家計簿だ。手のひらに収まるサイズの“がまぐち”型ボディにタッチパネルを備え、付属のペンで手軽に金額を入力できる。ムダな出費を抑えて一日を終えると、節約戦士たちの生活防衛ドラマを目撃できる特典付き。しかも、ワリカン計算/買い物計算機能を備え、背面にはレシートを収納できる、なんともぜいたくな仕様だ。

photophoto 「節約戦士 おサイフセイバー」
photophoto 背面にはレシートを収納できる(左)。開発を担当したタカラトミー、ニュープロダクトグループの遠藤千咲氏(右)。ちなみに上のイメージイラストも遠藤氏が描いたもの

 おサイフセイバーを開発したのは、「人生銀行」シリーズを送り出したタカラトミー・ニュープロダクトグループ。世界的な金融収縮が懸念される中、ともすればネガティブなイメージになりがちな“節約”を、玩具の力で楽しくしようと企画したという。開発を担当した遠藤千咲氏、そしてマーケティング担当の高橋英之氏に詳しい話を聞いた。

――まず、節約一家の家族構成を教えてください

photo ドロドロ人間関係

 お父さんが節約イエロー、お母さんが節約レッド、それから3人の子どもがいて、長男(22)は節約ブルー、長女(17)が節約ピンク、次男(10)は節約グリーンです。

 人間関係は複雑です。例えば浪費三姉妹の長女(24)と節約ブルー(22)が実はデキていたり(禁断の恋)、節約ピンク(17)と浪費次女(17)は恋敵だったり……それから、節約家の愛猫「せつこ」(♀)と浪費三姉妹の飼い猫「セレブ」(♂)の対決も見どころの1つですね。くわしくは相関図を参照してください。

――前世紀の国産ドラマ並みにドロドロですね

 ちなみに、ある条件をクリアすると6人目の節約戦士“ゴールド”が登場します。彼は節約家のいとこにあたり、実はイケメンです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう