ニュース
» 2008年11月21日 12時27分 UPDATE

もっとズーム、もっとワイド――ハンファ、コンパクトデジカメ用コンバージョンレンズ

ハンファジャパンがコンパクトデジカメ用テレコン、ワイコンレンズを発売。付属ブランケットで機種を選ばず利用できる。

[ITmedia]
photo 「SAD-727」装着例

 ハンファジャパンは11月21日、コンパクトデジカメ用コンバージョンレンズ「SAD-727」「SAD-W728」を同日より販売開始すると発表した。同社直販サイトのみの限定販売で、価格はいずれも4780円。

 「SAD-727」は望遠6倍のテレコンバージョンレンズ、「SAD-W728」は広角0.7倍のワイド&コンバージョンレンズで、いずれも三脚穴を利用して固定するブランケットが付属しており、カメラのレンズ径を気にせず装着できる。

 ただし、SAD-727はカメラ本体の光学ズームが4倍以上の場合は効果を発揮せず、両製品ともに装着の仕組みから四隅にケラレが発生する場合がある。サイズはSAD-727が32(径)×80(長さ)ミリ、SAD-W728が32(径)×42(長さ)ミリ。

photophoto 「SAD-727」(写真=左)、「SAD-W728」(写真=右)

関連キーワード

デジカメ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう