ニュース
» 2010年12月15日 22時58分 UPDATE

目標は4倍、東芝が液晶テレビで中国市場に本腰

東芝は、中国市場においてテレビ事業を強化すると発表した。2011年度に前年度比4倍にあたる200万台の販売を目指す。

[ITmedia]
ts_chregza01.jpg 最上位モデル「55X1000C」

 東芝は12月15日、中国市場においてテレビ事業を強化すると発表した。海外市場としては初めて「CELL REGZA」のコンセプトを受け継ぐ最上位モデル「55X1000C」を12月下旬に投入するなど、市場ニーズに合わせた9シリーズ24モデルを展開。2011年度に前年度比4倍にあたる200万台の販売を目指す。

 東芝は、エコポイント終了後の市場動向をにらみ、新興国向けの薄型テレビ販売を強化している(→バッテリー内蔵の液晶テレビ、東芝がASEAN市場向けに販売)。中でも中国市場は、2010年度に米国を抜き世界最大の市場になることが見込まれるという。

 同社は、中国の家電メーカーであるTCL集団と中国市場向け販売合弁会社「東芝ビジュアルプロダクツ(中国)社」を設立し、2010年10月から営業活動を展開。現在、中国国内の取り扱い店舗は約2200店舗だが、今後は沿岸部をはじめ内陸部の都市で販売網を拡大することで、2013年度には1万5000店舗まで増やす計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.