レビュー
» 2011年04月28日 15時38分 UPDATE

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV review:これぞSHUREのモニターサウンド、「SRH940」を聴く (1/2)

シュアの「SRH940」は、スタジオモニターとしての音質や機能性をかなり突き詰めた性格のヘッドフォンだ。プロミュージシャンやオーディオエンジニアが開発中のサウンドチェックに携わったという。その実力を探った。

[野村ケンジ,ITmedia]

 “SHURE”「SRH940」は、録音スタジオのリファレンスを目指して作り上げられた、本格派のモニターヘッドフォンである。シュアといえば、一般にはマイクやカナル型イヤフォンの印象が強く、実際にオーバーヘッド型のヘッドフォンをリリースしたのはごく最近の話だが、さすがシュアというべきだろう、ファーストモデルの「SRH840」においても、実際にプロミュージシャンが活用するほど完成度の高い製品に仕上がっていた。しかし一部のユーザーからは「さらに上質なものを」という声もあがったため、それに応えるべく開発したのがこのSRH940だという。

ts_shure01.jpg シュアのスタジオモニター「SRH940」

 そういった経緯もあってか、SRH940はスタジオモニターとしての音質や機能性をかなり突き詰めた性格を持ち合わせている。

 まず外観は、これまでと同じ密閉型フランジを採用しつつ、各部形状の見直しを行い、フィット感の良さや装着時の軽快さを追求。パッド入りのヘッドバンドや「サーカムオーラル」と呼ばれるフランジデザイン、ベロア地のイヤーパッドなどにより、長時間使用時の負担を軽減した。いっぽうで音質は、モニターヘッドフォンとしての実力にさらなる磨きをかけるべく、帯域バランスのフルフラット化や高域への伸びの向上、帯域過渡特性を突き詰め、ひずみ感を払しょくするなど、さまざまな改善が推し進められている。

ユーザビリティー

 装着感はかなり快適だ。独自の楕円(だえん)形状を持つイヤーパッドは耳たぶを押すこともなく、たとえ多少触れることがあっても反発が弱めのため変に押さえつけられることもない。またベロア地を採用したこともあって、長い時間使い続けていても汗ばみなどが気になることもなかった。確かにベロア地は耐久性が低いという問題はあるが、もともと交換用のイヤーパッドがワンセット付属しており、後々パーツで購入することもできるため、それほど心配することはないだろう。

ts_shure03.jpgts_shure04.jpgts_shure05.jpg ベロア地のイヤーパッドを採用。ケーブルの着脱も可能だ

 一方、やはり嬉しいのは着脱式のケーブルを採用していることだ。断線という事態が起きても、メーカーへ修理に出すことなく自分でケーブル交換ができるのは実務的にも精神的にも気軽でいい。そもそもSRH940iはストレートとカール、2タイプのケーブルがあらかじめセットされているので、タイプさえ気にしなければ金銭的にも負担がなくて済む。また、アフターマーケットで販売されているカスタムケーブルを試してみるなど、趣味的な楽しみを満喫することもできる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう