ニュース
» 2011年06月16日 19時33分 UPDATE

5.1chにアップグレード可能:パイオニア、薄型テレビに合う2.1chシアター「Smart theater S300」

パイオニアは、薄型テレビ用のラックにも設置できるコンパクトなAVコンポーネント4機種を7月中旬に発売する。

[ITmedia]

 パイオニアは、薄型テレビ用のラックにも設置できるコンパクトなAVコンポーネント4機種を7月中旬に発売する。AVアンプの「VSX-S300」、2.1chスピーカーパッケージ「S-HSL300」、サテライトスピーカー「S-SL100CR」などをラインアップ。個別販売のほか、VSX-S300とS-HSL300を「Smart theater S300」としてセット販売する。

型番 VSX-S300 S-HSL300 S-SL100CR S-SLW500
概要 AVアンプ 2.1chスピーカーシステム(3台1組) センター、リア用サテライトスピーカー(3台1組) パッシブサブウーファー
価格 4万3500円 1万2500円 9800円 7500円
発売時期 7月中旬
ts_paismart.jpg 「Smart theater S300」のセット。2.1chシステムだが、センター・リア用サテライトスピーカー「S-SL100CR」を追加すれば、5.1chシステムに拡張できる

 VSX-S300は、各チャンネル120ワット(実用最大出力)の6ch AVアンプ(サブウーファー用のアンプも内蔵)。FM/AMチューナーを内蔵するほか、マルチチャンネル時に低音のズレを解消するフェイズコントロールなども搭載する。HDM入力は4系統で、ほかに1系統の同軸デジタル、2系統の光デジタル音声入力を備える。HDMIは3DやARCをサポートしており、ARC対応のテレビと組み合わせた場合はHDMIケーブル1本で接続できる。サイズは435(幅)×85(高さ)×317(奥行き)ミリ。

 フロント用のスピーカーはフルレンジユニットを使用したブックシェルフ型で、1本のサイズは86.5(幅)×206(高さ)×85.5(奥行き)ミリ。16センチコーン型ユニットを採用したパッシブサブウーファーは、435(幅)×121(高さ)×360(奥行き)ミリと、VSX-S300と重ねて設置できるサイズになっている。

関連キーワード

ウーファー | パイオニア | 2.1ch | AVコンポ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.