ニュース
» 2011年06月29日 12時31分 UPDATE

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:USB DACとしても大きく進化したヘッドフォンアンプ「iBasso D5 Hj」 (1/2)

今回は、ポータブルヘッドフォンアンプの人気ブランド、iBassoから発売された新製品「D5 Hj」を紹介しよう。USB DAC機能も有しており、PC用のオーディオデバイスとしても活用できる。

[野村ケンジ,ITmedia]

 ヘッドフォンからテレビ、ホームシアターまで、さまざまなジャンルの数多あるAV系新製品のなかから注目の新製品をピックアップし、いち早いレビューをお送りしていく「野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review」。今回は、ポータブルヘッドフォンアンプの人気ブランド、iBassoから発売された新製品「D5 Hj」を紹介しよう。

ts_ibassod5_9025.jpg 「iBasso D5 Hj」

 iBasso D5 Hjは、51(幅)×21(高さ)×77(奥行き)ミリ、重さ99グラムという、比較的コンパクトなボディーサイズを持つポータブルタイプ(バッテリー内蔵型)のヘッドフォンアンプである。またUSB DAC機能も有しており、iPodなどポータブルプレーヤー用のヘッドフォンアンプとしてだけでなく、PC用のオーディオデバイスとしても活用できるようになっているのが特長だ。

 とはいえ、もともとiBassoには「D2+Hj BOA」という優れた製品があり、奥行きが微妙に短いとはいえ、ほぼ同じサイズの新製品をラインアップしたことになる。なぜ? と最初は感じたのだが、詳細を聞いて納得した。このD5 Hjは、iBassoの日本輸入代理店であるヒビノインターサウンドが業務開始1周年を記念し、両社の協力によって開発されたコラボレーションモデルであり、同時にD2+Hj BOAの上位モデルである「D12 Hj」のコンパクト版ともいえる存在なのだ。

ts_ibassod5d2_9093.jpgts_ibassod5d2_9096.jpg iBasso D5 HjとD2+Hj BOAのサイズを比較してみた

 例えば、アンプ部のL/R独立配置はD12 Hjから受け継がれたものだし、外観デザインも微妙にD2+Hj BOAとは異なり、プリントされたロゴやヘアラインの仕上げ方などはD12 Hjに近いものとなっている(微妙な差ではあるが)。さらにUSB DAC機能に至っては、新製品だけにどれよりも一枚上手。D12 Hjでさえ48kHz/16bit対応であるのに対し、D5 Hjは最高96kHz/24bitまで対応、ネット配信の高音質音源も再生できる。またDAC部にはAKM(旭化成エレクトロニクス)製を新たに採用したほか、192kHz/24bitのアップサンプリング機能も搭載、さらなる高音質化を推し進めているという。これらのスペックを見る限り、D12 Hjの進化版と呼んでもいい内容を持ち合わせていることは確かだ。

シンプルな操作系

 実際の使い勝手に関しては、とてもシンプルな操作系となっているので、これまでiBasso製品を手にしたことのある人であったら説明書を読むことなく使いこなせる内容だ。

 フロントパネルにはヘッドフォン出力が1系統と、アナログ入力(ポータブルヘッドフォンとしての使用時)とアナログ出力(USB DACとしての使用時)を兼ねたステレオミニプラグ端子が並び、その横にゲイン切り替えスイッチと、電源オンオフを兼ねたボリュームダイヤルが配置されている。

ts_ibassod5_9042.jpgts_ibassod5_9040.jpg フロントパネルにはヘッドフォン出力が1系統、アナログ入出力を兼ねたミニプラグなどが並ぶ。背面には充電を兼ねたミニUSBと充電のオン/オフを切り替えるスイッチ

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.