ニュース
» 2011年09月09日 23時50分 UPDATE

エプソン、480Hz駆動のプロジェクター向け液晶パネルを量産出荷

セイコーエプソンは、3D表示対応のプロジェクター向け高温ポリシリコン(HTPS)TFT液晶パネル2機種の量産出荷を開始した。新開発のパネル駆動技術「Bright 3D Drive」により480Hz駆動を実現し、明るい3D表示を可能にしている。

[ITmedia]

 セイコーエプソンは、3LCDプロジェクターの3D表示対応高温ポリシリコン(HTPS)TFT液晶パネル2機種を開発し、9月1日に量産出荷を開始した。主にホームシアター向けプロジェクターに採用される3D対応液晶パネルで、0.74型の「L3C07U-95G00」と0.61型の「L3C06U-A5G00」の2機種。画素数はどちらも1920×1080ピクセル。

Photo 0.74型の「L3C07U-95G00」

 新開発のパネル高速駆動技術「Bright 3D Drive」を採用し、駆動速度を480Hzまで向上。最新のD9プロセステクノロジーで従来よりも開口率を向上させたことにくわえ、480Hz駆動により左目用/右目用の映像を書き換える時間を短縮。3Dメガネのシャッターを開けている時間を増やすことで明るい3D表示を可能にした。240Hz駆動パネルに比べて1.5倍以上の明るさを実現できるという。

Photo 「Bright 3D Drive」動作イメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.