ニュース
» 2011年09月13日 17時54分 UPDATE

成長するウォークマン、Android搭載の「MW-Z1000シリーズ」登場 (1/2)

ソニーは、Androidを搭載した“ウォークマン”MW-Z1000シリーズを12月に発売する。さまざまなジャンルのアプリを追加できる「まさに成長するウォークマン」(ソニー)だ。

[ITmedia]

 ソニーは9月13日、Androidを搭載した“ウォークマン”MW-Z1000シリーズを発表した。Androidマーケットに対応し、さまざまなジャンルのアプリを追加できる「まさに成長するウォークマン」(ソニー)。ブラックとレッドの2色を12月10日に発売する。

 MW-Z1000シリーズは、内蔵メモリ容量によって3モデルをラインアップ。価格はすべてオープンプライスで、店頭では16Gバイトの「NW-Z1050」が2万8000円前後、32Gバイトの「NW-Z1060」は3万3000円前後、64Gバイトの「NW-Z1070」は4万3000円前後になる見込みだ。なお、ソニーストア限定モデルとしてホワイトを基調とした64Gバイトモデルも用意する。

ts_wa017.jpgts_wa018.jpg MW-Z1000シリーズはブラックとレッドの2色。Zシリーズ向けにソニーミュージックと連携してアーティストアプリなどを製作していく

 なだらかな曲線を描く本体は、上下を厚めにした“Inflection Surface Form”と呼ばれるデザイン。ゲームや動画閲覧の際に横向きにしても安定して保持できるという。プロセッサーにはNVIDIA「Tegra 2」を採用し、主にスマートフォンに採用されているAndroid 2.3と組み合わせた。デュアルコアプロセッサの搭載で、高速なWebブラウジングやフルHD動画再生も可能という。

 4.3型の液晶画面は、空気層をなくした「エアギャップレス構造」により、映り込みや反射を低減。解像度はWVGA(480×800ピクセル)解像度となっている。通信手段としてIEEE 802.11b/g/n準拠の無線LANのほか、Bluetoothをサポート(プロファイルはAVRCP、A2DP、OPP)。また、本体にHDMI端子(D Type)を備え、本体内の動画や静止画はもちろん、Youtube動画やWebブラウザ画面なども大画面テレビに出力できる。

ts_wa03.jpgts_wa04.jpgts_wa05.jpg なだらかな曲線を描く本体は、上下を厚めにした“Inflection Surface Form”と呼ばれるデザイン。ゲームや動画閲覧の際に横向きにしても安定して保持できるという

 ウォークマンならではの機能として、まず本体側面の「W.ボタン」が挙げられる。W.ボタンは、画面の状態にかかわらず、いつでも音楽プレーヤーを呼び出せるというもの。例えばWebブラウザやゲームを使っているときでも、ボタン1つで小さなコントロール画面を表示し、再生/停止や曲送り/曲戻しなどの基本操作が行える仕組みだ。

 音質面では、同時リリースの「NW-A860シリーズ」と同じ「6つのクリアオーディオテクノロジー」を採用しており、ともに「ウォークマン史上最高音質」(ソニー)をうたう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう