ニュース
» 2011年09月29日 21時49分 UPDATE

S-LED搭載:洗練されたアルミボディー、Wooo「L46-S08」登場

日立コンシューマエレクトロニクスは、アルミボディーをまとった46V型液晶テレビ“Wooo”「L46-S08」を発表した。S-LEDを活用したユニークな節電機能も搭載。

[ITmedia]

 日立コンシューマエレクトロニクスは9月29日、薄型テレビ“Wooo”の新製品として、アルミボディーをまとった46V型液晶テレビ「L46-S08」を発表した。11月中旬に発売する予定で、価格はオープン。店頭では30万円前後になる見込みだ。

ts_sled02.jpgts_sled01.jpg 「L46-S08」

 直線を基調としたデザイン。正面にはヘアライン加工、側面は独特のサンドブラスト加工を施したほか、エッジ部のダイヤモンドカットにより、「見る角度によって多彩な表情を楽しめる」(日立)。またフロント部に操作時のみ浮かび上がるタッチセンサーを搭載するなど、細部までこだわったデザインで高級感を演出する。

 画質面では、倍速駆動やバックライトスキャニング、独自の「S-LED」により動画応答性やコントラスト性能を高めた。S-LEDは、小さなブロック状に分割した導光板を多数並べ、それぞれにLED光源を取り付けたもの。ブロック単位のエリアコントロールが可能になる。もちろん超解像技術「Pixel Manager」も搭載している。

 S-LEDを利用したユニークな節電機能が「節電小画面」だ。46V型画面のうち、周辺部のブロックを消灯して32V型もしくは20V型相当の画面サイズで映像を表示するという。

 また、ユーザーの視聴状況を感知して自動的に節電モードに移行する「人感節電センサー」、ジャンルごとに最適な画質に自動調節する「センサーオートモード」、明るい映像ではバックライトの発光を自動で抑える「センサーオートeモード」も備えた。

 USB外付けHDD(別売)を用いた録画に対応。地上デジタルチューナーを2つ搭載しているため、録画中に別の番組を視聴するこができる。このほか、DLNAのクライアント/サーバ機能、スマートフォンやタブレットからテレビを操作できる専用アプリ「Wooo Remote LITE」(無料)、「Wooo Remote」(有料)対応など、ネットワーク関連の機能も充実。HDMI入力は3系統を備えた(ARC、3Dパススルー対応)。

 外形寸法は、スタンド使用時で1066(幅)×691(高さ)×330(奥行き)ミリ。重量は約19.3キログラム。

  なお、日立ではL46-S08を10月4日から8日まで千葉・幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2011」の同社ブースで展示する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.