ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  1

  • 関連の記事

「120Hz駆動」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「120Hz駆動」に関する情報が集まったページです。

デル、Thunderbolt 4接続にも対応した曲面34型/40型ディスプレイ「U3425WE」「U4025QW」の国内販売を開始
デル・テクノロジーズは、Thunderbolt 4接続をサポートした曲面34型/40型ディスプレイ「U3425WE」「U4025QW」の国内販売開始を発表した。(2024/2/28)

デルのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル Core Ultraプロセッサを搭載してパワーアップ
デル・テクノロジーズが、プレミアムノートPC「XPS 13」「XPS 14」「XPS 16」の新モデルを国内で発売した。いずれも最新のCore Ultraプロセッサを搭載し、オンデバイスAIの性能を高めている。(2024/2/21)

NECPCが「LAVIE Tab」のハイスペックな新モデルを発売 外部ディスプレイとしても使える14.5型とゲーミング重視の8.8型
NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Tab」のハイスペックラインに新モデルが投入される。史上初の14.5型モデルは外部ディスプレイとして利用可能で、8.8型は同サイズのモデルには今までなかったハイスペックSoCを備えている。(2024/2/13)

シャープ、「SHARP XrossLAB」開設 XRなどの新規事業開発を加速
シャープは1月31日、XR技術などの新規事業の開発拠点「SHARP XrossLAB(シャープクロスラボ)」(東京・神田)に開設した。シャープは、開発パートナーとの連携を強化し、新たなソリューションの創出を加速させたいとしている。(2024/2/1)

MSI、14世代Core i9+RTX 4090を搭載した超ハイエンド仕様の18型ゲーミングノートPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、第14世代Core i9プロセッサを採用した18型ゲーミングノートPC「Titan 18 HX A14V」を発表した。(2024/1/29)

日本HP、Core Ultraを搭載したコンバーティブル14型/16型プレミアムノートPC
日本HPは、Intel製最新プロセッサとなるCore Ultraを採用する14型/16型プレミアムノートPC「HP Spectre x360 14」「HP Spectre x360 16」を発表した。(2024/1/18)

MSIがCore Ultraを採用した7型ポータブルゲーミングPC「Claw」を発表
MSIは、現在開催中のCES 2024にてCore Ultra搭載ポータブルゲーミングPC「Claw A1M」の発表を行った。(2024/1/9)

「iPhone 13 mini」販売終了で小型スマホ派はどうすべき? 4つの選択肢を考えた
iPhone 15発表の裏で、iPhone 13 miniの販売が終了した。小型スマホ派はどこに行くべきか、乗り換えの選択肢を考える。(2023/9/29)

小型ハイエンド「Xperia 5 V」発表 望遠カメラなしでも光学2倍ズームが可能
ソニーは9月1日、Xperiaスマートフォンの新モデル「Xperia 5 V」を発表した。Xperia 5 Vは先代「Xperia 5 IV」の後継に相当するモデル。望遠カメラは省かれているが、光学2倍ズームが可能だ。(2023/9/1)

「Xperia 5 V」は何が進化したのか Xperia 5 IVとの違いを写真で解説
9月1日にソニーが国内投入を発表した「Xperia 5 V」。キャリアからの発表も待たれる秋冬商戦向けの新モデルとなる。先代「Xperia 5 IV」から何が進化したのかを実機でチェックした。(2023/9/2)

デル、Ryzen+GeForceを搭載した15.6型ゲーミングノート
デル・テクノロジーズは、Ryzen 7000シリーズを採用した15.6型ゲーミングノートPC「Dell G15ゲーミングノートパソコン」を発売した。(2023/8/30)

ファーウェイ、120Hz駆動対応液晶を備えたミドルレンジ11.5型タブレット
華為技術日本は、11.5型Androidタブレット「HUAWEI MatePad 11.5"」を発表した。(2023/8/24)

すき間なく折りたためる「Galaxy Z Flip5」が9月1日に日本上陸 ドコモとauで取り扱い
Samsung Electronicsの「Galaxy Z Flip5」が、NTTドコモとauを通して日本で発売されることになった。日本向けモデルにはおサイフケータイも搭載される。(2023/8/22)

Wi-Fiモデルのみ:
新型「Galaxy Tab S9シリーズ」は全モデルでIP68の防じん防水性能と有機EL搭載! 約12.5万円から
Samsung ElectronicsのフラグシップAndroidタブレットが、日本でも販売されることになった。日本ではWi-Fiモデルのみの取り扱いとなるが、最新のハイエンドSoCを搭載する“貴重な”Androidタブレットとなる。【訂正】(2023/8/22)

ドコモ販売ランキング:ライカ監修の「AQUOS R8 pro」が発売、3位に【7月17日〜7月23日】
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。7月17日〜7月23日の期間に新発売の「AQUOS R8 pro SH-51D」は3位にとどまった。(2023/7/30)

「moto g53y 5G」レビュー Y!mobile×モトローラの“2万円スマホ”はどれだけ使える?
Y!mobileから登場した“2万円スマホ”の新顔moto g53y 5Gをレビューする。MNPなら1円で購入できるという安さが一番の売りだが、それだけではない。(2023/7/10)

約20万円の「Xperia 1 V」は誰向けか Xperia 1 IVユーザーが感じた“進化と課題”
ソニーのハイエンドモデル「Xperia 1 V」が2023年6月16日に発売された。Xperia 1 Vはメインの広角カメラに使うセンサーを大判化するとともに、2層トランジスタ画素積層型CMOSセンサーの「Exmor T for mobile」を世界で初めて採用したのが大きなポイント。実機を借りたので、先代の「Xperia 1 IV」と比べて、何が違うのかをチェックしていく。(2023/6/26)

上位モデルは6月14日発売:
Steam Deckの対抗馬現る! 「ASUS ROG Ally」は性能も使い勝手もイケる超小型PCだった
ASUS JAPANが、ポータブルゲーミングPC「ROG Ally」を日本で販売することになった。先行発売される上位モデルの直販価格は10万9800円と、従来のポータブルゲーミングPCよりも手頃な価格が特徴だが、その実力がいかほどのものか試してみよう。(2023/5/29)

Google初の折りたたみスマホ「Pixel Fold」7月中旬発売、約25万円 薄型と耐久性に注力
Googleが、同社初の折りたたみスマートフォン「Pixel Fold」を7月中旬に発売する。国内ではGoogleが直販サイトで販売する他、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアが取り扱う。2つの画面を生かした機能や、折りたたみ機構を生かした機能を豊富に備えている。(2023/5/11)

ソニーが「Xperia 1 V」発表 新イメージセンサー搭載で暗所撮影強化 19.5万円のSIMフリーモデルも
ソニーが5月11日、Xperiaハイエンドスマートフォンの新モデル「Xperia 1 V(マーク5)」を発表。日本を含む世界各国で発売する。SIMフリーモデル「XQ-DQ44」は7月下旬以降に発売予定で、市場想定価格は19万5000円(税込み)前後。イメージセンサーを一新し、暗所性能を高め、Vlog撮影に特化した機能を搭載した。(2023/5/11)

「Xperia 1 V」は何が進化したのか 「Xperia 1 IV」と比較して分かったこと
ソニーが発表したXperiaハイエンドスマートフォンの新モデル「Xperia 1 V(マーク5)」。SIMフリーモデルの市場想定価格は20万円に迫る。先代の「Xperia 1 IV」からの進化点を実機とともに解説する。(2023/5/15)

約3.3万円の差は意外と大きい? NECPCのAndroidタブレット「LAVIE Tab T11(液晶モデル)」の実力をチェック!
NECパーソナルコンピュータのAndroidタブレット「LAVIE Tab T11」に、液晶ディスプレイを搭載するスタンダードモデルが登場した。先行して登場したハイエンドモデルとの直販価格の差は3万3000円だが、どのくらいの差があるものなのだろうか。実際に試してみよう。(2023/5/3)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Huaweiのポルシェデザインスマホ、20万円以上でも中国で人気――「Mate 50 RS Porsche Design」
スマートフォン新製品の投入が外的要因で思うように進まないHuaweiですが、ポルシェデザインと提携した美しいボディーを搭載するモデル「RS Porsche Design」シリーズは製品が発売されるたびに中国では即完売してしまうほどの人気製品。しかも価格は20万円以上と高価なのです。(2023/4/19)

NECPC、120Hz駆動対応2K液晶を備えた11.5型Androidタブレット
NECパーソナルコンピュータは、スタンダード設計の11.5型Androidタブレット端末「T1175/FAS」を発表した。(2023/4/11)

プレミアムなAndroidタブレットを探している人は必見! NECPC「LAVIE Tab T11」新モデルを試す
NECパーソナルコンピュータ(NECPC)が2月に発売した新型の「LAVIE Tab T11」は、MediaTek製のタブレット向けSoC「Kompanio 1300T」を搭載することで、何をやっても快適に使えるAndroidタブレットに仕上がっているという。実際に使って、その実力をチェックしていこう。(2023/3/9)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
プロ絵師が「iPad Pro 2022」をレビュー! 「ホバー以外に得るものがなく、ホバーのために得る価値がある」という境地に至った理由
イラストレーター refeiaさんの連載第5弾は、Appleのハイエンドタブレット「12.9インチiPad Pro」です。ようやく実装されたホバー機能はイラスト作成に寄与するのでしょうか?(2023/3/2)

MWC Barcelona 2023:
「Xiaomi 13シリーズ」のグローバル展開が決定(日本は未定) 各モデルの特徴をチェック!
Xiaomiが中国限定で展開してきた「Xiaomi 13シリーズ」が、いよいよヨーロッパで発売されることになった。新しくシリーズに加わるミドルレンジの「Xiaomi 13 Lite」を含めて、シリーズの各モデルの特徴を紹介する。(2023/2/28)

新型「MacBook Pro」先行レビュー M1 Proと比べてわかったM2 Proの“真の実力”
「Apple Silicon」と呼ばれる自社設計プロセッサーを使うApple。Macでもその方針になってから、2年半近く経過しようとしているが、新たに登場したのが「M2 Pro」「M2 Max」を搭載したMacBook Proである。M2 Proを搭載したMacBook Proを先行レビューする(2023/2/2)

日本展開は未定:
最上位モデルはゲーマーやクリエイターにもピッタリ!? Samsungが薄型ノートPC「Galaxy Book3シリーズ」を発表
Samsung Electronics(サムスン電子)が、Galaxy Unpackedにおいて新型ノートPC「Galaxy Book3シリーズ」を発表した。最上位モデルの「Galaxy Book3 Ultra」は、NVIDIAのGPU「GeForce RTX 40 Laptop」を搭載しながらも、Intel Evoプラットフォームに準拠していることが特徴だ。(2023/2/2)

NECPCがノートPCの2023年春モデルを発表 第12世代Coreプロセッサ搭載の「LAVIE NEXTREME Carbon」など
NECパーソナルコンピュータ(NECPC)が、LAVIEブランドのノートPCの2023年春モデルを発表した。CPUを第12世代CoreプロセッサまたはRyzen 7030シリーズに刷新するなど、既存モデルのパワーアップが中心となっている。(2023/1/24)

CES 2023:
MSIが「GeForce RTX 40 Laptop」搭載ゲーミングノートPCを発表 クリエイターを意識したモデルも
MSIが、NVIDIAの最新GPUとIntelの最新CPUを搭載するゲーミングノートPCを投入する。クリエイターの利用を意識して、スタイリッシュなボディーを備えるモデルも用意したという。(2023/1/6)

CES 2023:
注目は有機EL+E Inkの「ThinkBook Plus Twist」 Lenovoが中小ビジネス向けPCの新製品を披露
CES 2023に合わせて、LenovoがSMB(中小ビジネス)向けPCの新製品を発表した。ここ数年の恒例になっているデュアルディスプレイノートPC「ThinkBook Plus」は姿を変えて、ツイストヒンジを持つ2in1モバイルノートPCとなった。(2023/1/6)

CES 2023:
わずか175g、シャープがVRヘッドマウントディスプレイ試作機をCESで披露 コントローラーを持つ必要なし
シャープは5日(米国時間)、VR対応ヘッドマウントディスプレイの試作機を「CES2023」の会場で公開した。スマートフォン開発で培った独自デバイスや小型化技術を応用し、重量を約175gに抑えた。(2023/1/6)

CES 2023:
Lenovoがコンシューマー向けPCとタブレットの新モデルを一挙に発表
CES 2023の開幕を前に、Lenovoが「Idea」ブランドのノートPCとデスクトップPCの新製品と、Androidタブレットの新モデルを一挙に発表した。PC製品は新型CPUや新型GPUを搭載していることが特徴だが、どんなCPU/GPUなのかは現時点では不明である。(2022/12/20)

19分で100%充電 “神ジューデン”をうたうスマホ「Xiaomi 12T Pro」
Xiaomiは12月8日、19分で100%充電が完了する「Xiaomi 12T Pro」を発表した。(2022/12/8)

リモコン操作で曲げられる有機ELテレビ、実売44万円 LGが23年1月に発売
LGエレクトロニクス・ジャパンは、画面が平面から湾曲に可変する42V型有機ELテレビ「LG OLED Flex」を23年1月に発売する。実売価格は44万円前後になる見通し。(2022/12/1)

ライカのスマホ「Leitz Phone 2」を深掘り AQUOS R7とはどこが違う?
11日18日発売のライカのスマホ第2弾「Leitz Phone 2」。ベースモデルのAQUOS R7と比較しつつ、Leitz Phoneならではの機能を中心に紹介する。(2022/11/18)

ライカのスマホ「Leitz Phone 2」発表、ソフトバンク独占で18日発売 約22.5万円
ソフトバンクは、ライカ(Leica)監修のAndroidスマートフォン「Leitz Phone 2」を発表した。11月18日に発売する。(2022/11/10)

ASUS、最大180Hz駆動をサポートした24.5型/27型ゲーミング液晶ディスプレイなど4製品
ASUS JAPANは、IPSパネルを採用した24.5型/27型ゲーミング液晶ディスプレイなど計4製品を投入する。(2022/11/4)

ASUSが「Zenfone 9」を11月4日発売 “片手操作”に注力した小型フラグシップ、9万9800円から
ASUS JAPANが、オープン市場向けに「Zenfone 9」を11月4日に発売する。先代のZenfone 8よりもさらに小さいサイズを実現し、片手での操作に適した専用キーやUIを取り入れた。広角カメラには6軸のジンバルスタビライザーを内蔵した。(2022/11/2)

Pixel 7発売後でも「Pixel 6a」を買うべき理由 外観からAI、カメラまでをじっくり検証
Pixel 6aの実力を検証しつつ、Pixel 7/7 ProやPixel 6/6 Proとの違いも紹介する。5万円台ながら、フラグシップと同じAI特化型プロセッサを搭載しており、今でも十分買いといえる。(2022/10/30)

M2チップ搭載の新型「iPad Pro」、10月26日発売 約12.5万円〜37.3万円
Appleが新型の「iPad Pro」を発表。11型と12.9型の2モデルで構成され、10月26日に発売される。Macでもおなじみの「M2チップ」を搭載しており、先代のM1と比べてCPUが最大15%高速化、GPUが最大35%高速化している。(2022/10/19)

究極の液タブは55万円! ワコムの新モデル「Cintiq Pro 27」をプロ絵師がレビュー
ワコムから待望の新型液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 27」が登場した。発売に先立ち、イラストレーターのrefeiaさんが実機を試してみた。新モデルの出来栄えは、いかに?(2022/10/12)

「Pixel 7 Pro」はPixel 6 Proから何が進化した? 価格からスペックまでを比較
Googleのスマートフォン「Pixel 7 Pro」が正式発表。先代の「Pixel 6 Pro」と何が違うのか、スペック比較表を用いて説明する。価格は全て税込み。(2022/10/7)

ブレた写真もキレイになる「Pixel 7」「Pixel 7 Pro」正式発表 8万2500円から
Googleがティーザーサイトなどでチラ見せしてきた新型スマートフォン「Pixel 7」「Pixel 7 Pro」が正式発表された。新しい「Google Tensor G2チップ」を活用し、ブレた写真もキレイになるという。直販サイトで購入すると10月12日〜13日に出荷されるそうだ。(2022/10/7)

iPhoneバイヤーズガイド(2022年9月最新版):iPhone 14、13、12、SEのどれを選ぶ?
iPhone 14 Pro MaxからiPhone SEまで、iPhoneのラインアップの裾野は広い。最新のiPhone 14世代から2世代前のiPhone 12からまで、多様なiPhoneの選び方の“コツ”をまとめた(2022/9/25)

ベンキュー、360Hz駆動対応の24.5型ゲーミング液晶「XL2566K」など4製品を「東京ゲームショウ 2022」出展者番組で告知
ベンキュージャパンは、9月15日15時から「東京ゲームショウ 2022」にて配信される公式出展者番組内で、プロフェッショナル向けゲーミング液晶ディスプレイ「XL2566K」など4製品の詳細を発表する。(2022/9/15)

「Xperia 1 IV」のSIMフリーモデルが9月16日発売 ローカル5G対応で約17.5万円
ソニーが、「Xperia 1 IV」のSIMフリーモデル(XQ-CT44)を9月16日に発売する。市場推定価格は17万5000円前後(税込み)。カラーはブラック、アイスホワイト、パープルの3色で展開する。(2022/9/12)

「AQUOS R7」に20万円弱の価値はある? 1型センサーの新カメラやパフォーマンスを徹底検証
シャープの2022年夏のフラグシップモデル「AQUOS R7」。巨艦カメラを擁する尖ったスマートフォンだ。20万円弱の価格に見合う価値はあるのか、じっくり検証する(2022/9/19)

JAPANNEXT、リフレッシュレート165Hz対応の27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
JAPANNEXTは、高リフレッシュレート表示に対応した27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「JN-27VG165FHDR」を発売した。(2022/9/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。