ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  1

  • 関連の記事

「120Hz駆動」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「120Hz駆動」に関する情報が集まったページです。

「iPhone 13 Pro」自腹レビュー:プロ用機器としては便利だが、スマホとしての完成度は「13」が上だ
9月に「iPhone 13」シリーズが発売されたが、「iPhone 13 Pro」かiPhone 13のどちらを購入すべきか迷っている人は多いのではないだろうか。そこで、iPhone 13 Proを買って試してみた。実際のところ「プロ向け」の要素が強く、普段使いにはiPhone 13でもよいだろう。(2021/11/19)

PR:ソニーの双璧をなすハイエンドスマホ「Xperia 1 III」と「Xperia 5 III」 あなたはどちらを選ぶ?
2021年夏発売のフラグシップモデル「Xperia 1 III」に続き、この秋には「Xperia 5 III」も発売された。いずれもソニーの高い技術力を存分に体感でき、特にカメラやオーディオ、ゲーミングに関しては非常に高い機能を持つ。これら2モデルはどんなユーザーにオススメなのかを解説していこう。(2021/11/12)

Xperia専用VRヘッドセット「Xperia View」登場 8K映像を120度広視野角で視聴
ソニーが、Xperia向けのVRヘッドセット「Xperia View」を11月19日に発売する。スマートフォンの「Xperia 1 II」または「Xperia 1 III」を装着して利用するVRヘッドセット。8KのHDR映像を対角120度の広視野角で視聴できることを特徴としている。(2021/10/26)

MacBook Pro 14/16インチ登場 「M1 Pro」「M1 Max」搭載、Touch Bar廃止 約24万円から
米Appleは10月18日(現地時間)、新型ノートブック「MacBook Pro」の14インチモデル、16インチモデルを発表した。同社が開発した新型プロセッサ「M1 Pro」と「M1 Max」を搭載。デザインも刷新しており、ディスプレイの縁がより薄くなって専有面積が拡大した他、キーボードは「Touch Bar」を廃止。磁力でくっつく「MagSafe 3」、SDカードスロット、HDMI端子などインタフェースも拡充された。(2021/10/19)

幅68mmの小型スマホ「Xperia 5 III」が11月中旬以降に発売 日本限定カラーも
ソニーが9月30日、新型スマートフォン「Xperia 5 III」の国内投入を発表。11月中旬以降の発売を予定している。フラグシップモデル「Xperia 1 III」と同等のカメラや4500mAhバッテリーをコンパクトなボディーに凝縮。日本限定カラーとしてフロストブラックとフロストシルバーを用意する。(2021/9/30)

Mobile Weekly Top10:
「iPhone 13シリーズ」見参!/「povo 2.0」は0円スタート(条件あり)
9月15日(米国太平洋夏時間)、iPhone 13シリーズが発表されました。そのこともあり、9月13日〜19日のアクセス数ランキングでは、トップ10のうち上位8記事がiPhone関連の記事となりました。(2021/9/24)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 13」はまたもカメラが劇的進化 大型のプロ用カメラをスマホでどこまで再現できるのか
Appleが「iPhone 13」シリーズを発表。販売台数でいえば、メインはProではない無印の「iPhone 13」だが、注目はやはり「iPhone 13 Pro」におけるカメラ機能の大幅進化だ。今回のモデルチェンジで大型のプロ用カメラにどこまで近づけたのだろうか。(2021/9/15)

マスク着用時の不便は継続:
iPhone 13シリーズの生体認証は「Face ID」 指紋認証「Touch ID」は搭載ならず
新型コロナウイルスの感染拡大もあり、世界的にマスクを着用する人が増えた。それを受けて、iPhone 13シリーズが採用する生体認証技術に注目が集まったが結局、マスクとの相性の良くないFace IDを継続採用することになったようだ。(2021/9/15)

「iPhone 13シリーズ」はいくら? Apple Storeの価格まとめ
ついに登場したiPhone 13シリーズ。AppleがWebや店頭で販売する価格が早速公開されているので、先代モデルの価格を交えつつ確認していこう。(2021/9/15)

「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」登場 120Hz駆動のディスプレイ搭載、1TBモデルも
Appleが「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」を発表した。パフォーマンスやカメラ性能、バッテリー駆動時間を向上させたフラグシップモデル。ディスプレイがProMotionに対応し、コンテンツに応じてディスプレイの駆動速度を10Hzから120Hzまで自動で調整する。(2021/9/15)

9万8800円から:
アップル、「iPhone 13」を発表 デザインは大きく変更せず
アップルがiPhoneの新モデル「iPhone 13」4機種を発表した。価格は9万8800円から:(2021/9/15)

Appleが「iPhone 13シリーズ」を発表 9月24日発売
Appleが新しいiPhoneを発表した。よりパワフルなA15 Bionicプロセッサを搭載し、より高速な処理を期待できる。【更新】(2021/9/15)

次期iPhoneはどうなる?:
iPhone 13(仮)はノッチが小さくなり、Lightningは継続? 機能面のウワサまとめ
今秋に発売が見込まれるiPhone 13(仮称)シリーズでは、どんなアップデートが考えられるのか。ノッチが小さくなってディスプレイが120Hz駆動になるという観測も。外部接続端子はLightningが継続されそうだ。(2021/9/10)

MSI、Core i7+RTX 3050を搭載した16型2in1ビジネスノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、GeForce RTX 3050を標準搭載した16型2in1ビジネスノートPC「Summit-E16Flip-A11UCT-203JP」を発売する。(2021/9/9)

MSI、ペン入力対応WQXGA液晶を備えた2in1ビジネスノート「Summit E16 Flip」
エムエスアイコンピュータージャパンは、ハイスペック仕様の16型2in1ビジネスノートPC「Summit E16 Flip」を発表した。(2021/8/23)

防水&ペン対応の「Galaxy Z Fold3 5G」発表 3代目になる“フォルダブル”はモバイルの未来か
韓国Samsung Electronicsが、フォルダブルスマホの新モデル「Galaxy Z Fold3 5G」と「Galaxy Z Flip3 5G」を発表。同社のモバイル事業トップは「フォルダブルはスマホの新しいスタンダード」と胸を張る。3代目になるフォルダブルスマホの進化点を見ていく。(2021/8/12)

PR:新次元のカメラとディスプレイを搭載 生まれ変わった「AQUOS R6」徹底レビュー
シャープのフラグシップスマートフォン「AQUOS R6」が発売された。目玉は、スマートフォンとしては最大級(※2021年5月17日時点のシャープ調べ)の1型センサーを搭載したカメラだ。ディスプレイは「Pro IGZO OLED」を初搭載しており、画質とスタミナを両立させた。5Gスマホの最新モデルとして画期的な進化を遂げたAQUOS R6の魅力をお伝えしよう。(2021/7/28)

PR:何だこの全部入りスマホは!! ソニーのあらゆる技術を結集させた超ハイテクモデル「Xperia 1 III」を実際に使ってみた
カメラ、ディスプレイ、ゲーム、ソニーの本気ポイントを確認してみました。(2021/8/4)

4キャリアで比較! 最新Androidスマートフォンの価格まとめ(2021年夏編)
ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの2021年夏商戦向けスマートフォンが出そろった。ミッドレンジからハイエンドまで、バランスよくそろっているが、端末価格はどれくらいか。4キャリアの最新Androidスマートフォンの価格をまとめた(全て税込み)。(2021/7/20)

ASUS、Core i7+GeForce RTXを搭載したスリム16型ゲーミングノート「ROG Zephyrus M16」
ASUS JAPANは、16型液晶を搭載したゲーミングノートPC「ROG Zephyrus M16」シリーズの販売を開始する。(2021/7/15)

PR:ソニーの技術が結集! 「Xperia 1 III」は映像、カメラ、音楽、ゲームを存分に楽しめるマシンだ
ソニーの2021年フラグシップスマートフォン「Xperia 1 III」が発売された。4Kディスプレイや可変式望遠レンズを搭載したカメラ、立体音響対応のオーディオ機能、プロeスポーツチーム監修のゲーミング機能などを備え、ソニーが培ってきた技術が結集している。その実力を徹底検証した。(2021/7/9)

MSI、第11世代Core+GeForce RTX 3060を搭載したクリエイター向け16型ノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、第11世代Coreプロセッサを採用したクリエイター向け16型ノートPC「Creator Z16」シリーズを発表した。(2021/7/8)

MSI、ゲーミングノート「GE76 Raider」に120Hz駆動4K液晶+メモリ64GB搭載の上位構成モデル
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社製ゲーミングノートPC「GE76 Raider」シリーズに4K液晶を搭載した上位構成モデルを追加した。(2021/6/17)

サードウェーブ、Ryzen+GTX 1650 Tiを搭載したスタンダードゲーミングノート
サードウェーブは、Ryzen 5を標準搭載した15.6型ゲーミングノートPC「GALLERIA RL5R-G50T」を発売した。(2021/5/20)

前モデルから何が変わった? 写真で解説する「Xperia 1 III」「Xperia 10 III」
「Xperia 1 III」と「Xperia 10 III」の外観を写真でレポート。Xperia 1 IIIは1 IIよりディスプレイのベゼル幅が狭くなり、背面はつや消し加工が施されている。両モデルで使える純正アクセサリー「Style Cover with Stand」も用意している。(2021/5/2)

新「iPad Pro」発表 M1チップ搭載で5Gにも対応、12.9型モデルはLiquid Retina XDRディスプレイ搭載
Appleが新型の「iPad Pro」を発表した。ディスプレイサイズは11型と12.9型の2種類を用意。iPadとしては初めて「Apple M1チップ」を搭載し、Wi-Fi+Cellularモデルは5Gにも対応。12.9型モデルは、より高輝度かつ高コントラストのLiquid Retina XDRディスプレイを搭載している。(2021/4/21)

Oculus Quest 2がアップデートで120Hz駆動に対応 PCとのワイヤレス接続もサポート
Facebook Reality Labsは、VR HMD「Oculus Quest」用ソフトウェアのアップデートを発表した。(2021/4/15)

auとソフトバンクが「Xperia 1 III」を取り扱い 6月中旬以降に発売予定
新生ソニーとして初めてとなるXperiaのフラグシップモデルが、au(KDDIと沖縄セルラー電話)とソフトバンクから発売されることになった。ただし、両キャリア共にフロストシルバー(Frosted Silver)の本体は取り扱わない。(2021/4/14)

ソニーが「Xperia 1 III」発表 可変式の望遠カメラや120Hz駆動ディスプレイを搭載
ソニーが「Xperia 1 III」を2021年初夏以降、日本を含む国と地域で発売する。背面には1200万画素の広角レンズと超広角レンズに加え、新たに可変式望遠レンズを搭載している。6.5型の4K有機ELディスプレイは、120Hz駆動に進化した。(2021/4/14)

ASUS、Ryzen 9を搭載したスリム13.4型ゲーミングノート「ROG Flow X13」 別売の外付けGPUユニットも利用可能
ASUS JAPANは、薄型軽量設計の13.4型ゲーミングノートPC「ROG Flow X13 GV301QH」を発表した。(2021/3/3)

CES 2021:
ASUSがRyzen 9 5980HSにGeForce RTX 3080内蔵のeGPUボックスを備えた新型ROGシリーズなどを投入
ASUSが1月12日(現地時間)、ROG CES 2021 Launch Event「For Those Who Dare」をオンラインで開催し、同社のゲーミングPCブランド「Republic Of Gamers」を中心に新モデルを発表した。日本国内での発売時期や価格は現時点で不明だ。(2021/1/13)

折り畳みディスプレイは弱点克服 次は「三つ折り」「ローラブル」?──モバイル端末の2021年を占う
2020年には初期のフォルダブルディスプレイの技術の弱点を補いつつ、さまざまな画面サイズや利用スタイルを採用したモバイル機器が登場した。「フォルダブル」の2020年を振り返りながら、モバイル端末を変えうる次の技術を占う。(2021/1/12)

Razer、11世代Coreを採用した13.4型スリムノート「Razer Book 13」
米Razerは、薄型設計の13.4型ノートPC「Razer Book 13」など2製品を発表した。(2020/12/24)

改めて比較する、ぬるいiPhone 12とドキドキしないPixel 5
西田宗千佳さんが、iPhoneとPixelという2大スマートフォン登場の背景にあるものを解き明かします。(2020/11/17)

Razer、13.3型ゲーミングノート「Blade Stealth 13」2020冬モデル 第11世代Coreを採用
米Razerは、同社製13.3型ゲーミングノートPC「Razer Blade Stealth 13」の最新構成モデルを発表した。(2020/11/12)

ドコモの「Xperia 5 II」が11月12日に発売 限定色「パープル」も
ドコモが「Xperia 5 II」を11月12日に発売する。120Hz駆動のディスプレイや3眼カメラを搭載。カラーはブラック、ブルー、グレー、ピンクの4色に加え、ドコモオンラインショップ限定カラーとして「パープル」を用意する。(2020/11/5)

発売記念キャンペーンも:
auの「Xperia 5 II」は10月17日発売 直営店価格は税込みで約11万円
auの「Xperia 5 II」の発売日が10月17日に決まった。au Online ShopとKDDI直営店での販売価格は、税込みで約11万円となる。ソニーマーケティング主催のキャンペーンも開催する。(2020/10/9)

ソフトバンクの「Xperia 5 II」が10月17日発売 11万5200円(税込み)
ソフトバンクが、「Xperia 5 II」を10月17日に発売する。価格(税込み)は11万5200円。「トクするサポート」を適用して25カ月目に端末を返却すれば、実質価格は5万7600円まで下がる。5000円相当のPayPayボーナスをプレゼントするキャンペーンも実施。(2020/10/8)

ソフトバンクが「AQUOS zero5G basic」と「Xperia 5 II」発売 価格は6万円台/11万円台
ソフトバンクが、シャープ製「AQUOS zero5G basic」とソニーモバイル製「Xperia 5 II」の取り扱いを発表。それぞれ10月9日、10月中旬以降に発売する。5000円相当のPayPayボーナスを付与するキャンペーンも実施。(2020/10/1)

auから「Xperia 5 II」が登場 α譲りのカメラや120Hz駆動ディスプレイを搭載
KDDIが、「Xperia 5 II」を10月下旬に発売する。ディスプレイの駆動速度が120Hzにアップ。ソニーのデジタル一眼カメラ「α」で培った技術を生かした撮影が可能な「Photography Pro」をプリインストールしている。(2020/9/25)

auが「Xperia 5 II」「Galaxy Z Fold2/Z Flip」など5Gスマートフォン6機種を発表
KDDIが9月25日、5Gスマートフォンの新機種を発表。2020年10月以降に順次発売する。「Xperia 5 II」「Galaxy Note20 Ultra 5G」「Galaxy Z Fold2 5G」「Galaxy Z Flip 5G」「Galaxy A51 5G」「AQUOS sense5G」の6機種。今後auが発売するスマートフォンは全て5Gに対応する。(2020/9/25)

小型の5Gフラグシップモデル「Xperia 5 II」登場 120Hz駆動のディスプレイ搭載
ソニーモバイルが小型のフラグシップスマートフォン「Xperia 5 II」を発表。日本を含む国と地域で2020年秋以降に発売する。Xperia 1 IIとほぼ同じカメラを搭載し、ディスプレイのリフレッシュレートを120Hzに向上させた。3.5mmイヤフォンジャックやフロントステレオスピーカーを備える。(2020/9/17)

ASUS、GTX 1650を搭載したスタンダード15.6型ノートPC
ASUS JAPANは、第10世代Core i7を採用するスタンダード15.6型ノートPC「ASUS X571LH」を発表した。(2020/7/9)

Razer、4K液晶モデルも用意したハイエンド17.3型ゲーミングノート「Razer Blade Pro 17」
米Razerは、ハイスペック仕様の17.3型ゲーミングノートPC「Razer Blade Pro 17」を発表した。(2020/6/30)

Razer、第10世代Coreを採用した13.3型ゲーミングノート「Razer Blade Stealth 13」など11製品を投入
Razerは、第10世代Coreを採用した13.3型/15.6型ゲーミングノートPC計11製品の発表を行った。(2020/6/17)

ミッドレンジ向け「Snapdragon 690 5G」発表 シャープやMotorolaが対応スマホ発売へ
米Qualcommが6月16日(現地時間)、Snapdragon 600シリーズとして初の5G対応プロセッサとなる「Snapdragon 690 5G」を発表した。Snapdragon 690 5Gは「5Gのユーザー体験をより幅広く提供するもの」として位置付けられ、安価な5Gスマートフォンへの搭載が期待される。シャープ、HMD Global、LGエレクトロニクス、Motorola、TCL、Wingtecが採用を表明している。(2020/6/17)

レノボ、120Hz駆動対応ディスプレイを装備したエントリーゲーミングノート「IdeaPad Gaming 350i」など5製品
レノボ・ジャパンは、エントリーゲーミングノートPC「IdeaPad Gaming 350i」「Lenovo Legion 750i」「Lenovo Legion 550」シリーズの計5製品を発表した。(2020/5/27)

PR:5G時代の幕開けにふさわしいスマートフォン 「AQUOS R5G」を使い倒してみた
「5G」の商用サービス開始に合わせて、シャープはいち早く対応スマートフォン「AQUOS R5G」を投入した。8K動画を撮影できるカメラや6.5型IGZOディスプレイを搭載するなど、5G環境での実力をいかんなく発揮できるモデルに仕上がっている。(2020/4/27)

シャープが考える“5Gスマホのあるべき姿”とは? 開発陣に聞く「AQUOS R5G」
3キャリアの5Gスマホとしてシャープの「AQUOS R5G」が発売された。背面にはToFカメラを含んだ4眼カメラを搭載し、超広角カメラは動画用として、8Kでの撮影に対応した。このカメラをはじめ、ディスプレイ、パフォーマンスなどの特徴を開発陣に聞いた。(2020/4/20)

MSIが300Hz駆動パネルを採用したゲーミングノートPCやMini LED搭載クリエイター向けノートPCを投入
エムエスアイコンピュータージャパンは、第10世代インテルCPUを搭載し、高リフレッシュレート表示対応のハイエンドゲーミングノートPCなど計9シリーズの発表を行った。直販のMSIストア限定モデルも用意される(2020/4/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。