Google初の折りたたみスマホ「Pixel Fold」7月中旬発売、約25万円 薄型と耐久性に注力

» 2023年05月11日 04時05分 公開
[田中聡ITmedia]

 米Googleが5月11日、同社初の折りたたみスマートフォン「Google Pixel Fold(以下、Pixel Fold)」を発表した。米国、英国、ドイツ、日本で発売する。6月20日から予約を受け付け、7月中旬に発売する。カラーはObsidianとPorcelainの2色。

Google Pixel Fold 「Google Pixel Fold」のObsidian
Google Pixel Fold こちらはPorcelain

 国内ではGoogleが直販サイトで販売する他、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアが取り扱う。Googleストアでの価格(税込み)は、Pixel Fold本体が25万3000円、Pixel Fold向けケースが9900円。

【訂正:2023年5月11日17時25分 初出時、「Galaxy Fold本体が25万3000円」としていましたが、正しくは「Pixel Fold本体が25万3000円」です。おわびして訂正いたします。】

 Pixel Foldは、横向きに折りたたむタイプのスマートフォン。折りたたむと通常のスマートフォンと同様のサイズ感で使用でき、開くと7.6型の大きなディスプレイをタブレットのように使用できる。

Google Pixel Fold Pixel Foldは2つの利用スタイルを持つ

 閉じた状態で使用するカバーディスプレイには5.8型のフルHD+(1080×2092ピクセル)、アスペクト比が17.4:9の有機ELを採用。折りたたんだ状態でPixelの全機能が利用できる。最大120Hz駆動のリフレッシュレートに対応しており、Corning Gorilla Glass Victusの強化ガラスも採用している。

Google Pixel Fold 閉じた状態では通常のスマートフォンと同様、5.8型のディスプレイを利用する
Google Pixel Fold
Google Pixel Fold 開くとディスプレイの中央にシワが見えるようだ

 開いた状態で使うインナーディスプレイにも有機ELを採用しており、アスペクト比は正方形に近い6:5。解像度は1840×2208ピクセルで、こちらも120Hzのリフレッシュレートに対応している。Googleによると、YouTube、Meet、Keep、メッセージ、フォトなど、50以上のアプリがPixel Foldの大画面向けに最適化されている。アプリ開発者とも連携し、サードパーティーアプリの最適化にも取り組んでいる。

Google Pixel Fold 開くと7.6型ディスプレイが姿を現す

 大画面を生かし、複数のアプリを同時に表示するデュアルスクリーンをより快適に利用できる。その際、タスクバーからアプリを素早く切り替えたり、アプリをドラッグして分割表示したりできる。Google フォトから写真をドラッグ&ドロップでメールやメッセージに添付することもできる。

Google Pixel Fold 左右に画面を分割させて2つのアプリを同時に表示できる
Google Pixel Fold ドラッグ&ドロップで写真をメールに貼り付けられる
Google Pixel Fold デュアルスクリーンの表示比率を変更できる

 ヒンジは、鏡面仕上げの多相合金スチール構造としている。薄くしただけでなく、Pixel Foldを取り扱う市場で販売されている他の折りたたみスマートフォンと比べて、最も高い耐久性を持つとアピールする。本体はIPX8の防水性能も備えている。

Google Pixel Fold ヒンジの耐久性の高さをアピールする

 ヒンジは流体摩擦によって180度フラットな状態に開ける他、好みの角度に調節することもできる。ディスプレイを半開きの状態で固定できる「テーブルトップモード」により、スマホを立てかけたまま上部の画面でYouTubeやNetflixなどの動画を視聴したり、ハンズフリーでカメラ撮影したりできる。今後のアップデートにより、下部の画面に動画視聴時に使える操作パネルが用意される予定。

Google Pixel Fold 本体を立てかけて固定できるテーブルトップモード
Google Pixel Fold 複数人で動画を視聴するときにも役立つ

 アウトカメラは4800万画素(F1.7、1/2型センサー)の広角カメラ、1080万画素(F2.2、1/3型)の超広角カメラ、1080万画素(F3.05、1/3.1型)の望遠カメラという3眼構成。本体を縦向きに開いた状態で、カバーディスプレイで映りを確認しながら自分撮りができるのは、折りたたみ機構ならではのメリットだ。

Google Pixel Fold Pixel 7 Proと同等のカメラを背面に装備する
Google Pixel Fold カバーディスプレイに姿を映しながら自撮りができる

 望遠カメラは5倍の光学ズームに対応しており、超解像ズームを合わせれば最大20倍のズームに対応する。肌の色の微妙な違いも再現するというリアルトーン、夜景モード、ポートレートモード、10-bit HDR動画など、Pixel 7 Proでもおなじみの、コンピュテーショナルフォトグラフィーの技術を活用した機能を利用できる。Google フォトの消しゴムマジックやボケ補正も利用可能だ。テーブルトップモードでは、アウトカメラを上空に向けて天体写真も簡単に撮影できるとしている。

 カバーディスプレイには950万画素のインカメラ(F2.2)も備える。インナーディスプレイにも800万画素のインカメラ(F2.0)を搭載しており、テーブルトップモードを活用して、三脚を使わずに机にPixel Foldを置いたまま集合写真を撮影できる。手を挙げるとシャッターのカウントダウンが始まるという、ハンズフリーでの撮影も可能だ。

 プロセッサは、Pixel向けに開発した「Google Tensor G2チップ」を搭載。これにより、折りたたみ機構を生かしたカメラ、リアルタイム翻訳や通訳モードなどの独自機能を実現している。

 カバーディスプレイとインナーディスプレイの2画面を使い、異なる言語の話者が通訳内容を同時に見られる「デュアルスクリーン通訳モード」を2023年秋に提供する予定。これにより、例えばPixel Foldの持ち主が英語で話すと、インナーディスプレイにその内容が表示され、外側のカバーディスプレイに別の言語でリアルタイムに翻訳される。この機能は日本語も対応している。

Google Pixel Fold 2つのディスプレイを活用した同時通訳も可能

 メインメモリは12GB、内蔵ストレージは256GBを備える。容量4821mAhのバッテリーを内蔵しており、Pixelユーザーのバッテリー使用に基づく使い方で24時間以上のバッテリー駆動を実現する。またワイヤレス充電(Qi規格)もサポートしている。

 折りたたみスマホとして最薄レベルを目指したというサイズは、折りたたんだ状態が79.5(幅)×139.7(高さ)×12.1(奥行き)mm、開いた状態が158.7(幅)×139.7(高さ)×5.8(奥行き)mm、重量は283g。生体認証は、電源キーに配置された指紋センサーでの指紋認証、カバーディスプレイに配置されたセンサーでの顔認証に対応している。

【訂正:2023年5月11日19時05分 初出時、Pixel Foldの閉じた状態の奥行きが誤っていました。おわびして訂正いたします。】

Google Pixel Fold 本体を180度開いた状態
Google Pixel Fold 閉じても隙間などはないようだ。電源キーに指紋センサーを搭載している

 SIMはnanoSIMとeSIMのデュアルSIMに対応している。5GはSub-6とミリ波の両方をサポートしており、対応バンドはSub-6がn1、2、3、5、7、8、12、14、20、25、28、30、38、40、41、48、66、71、75、76、77、78、79、ミリ波がn257、n258、n260、n261。FeliCaも利用できる。

 Pixel FoldをGoogleストアで予約購入すると、次回以降の買い物に使えるGoogleストア クレジット5万2000円分を進呈するキャンペーンを実施する。期間は6月20日から7月16日まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月15日 更新
  1. 古いiPhoneで撮影した写真が“エモい”と評価されるワケ 「iPhone 3GS」で試してみた (2024年07月14日)
  2. 有線イヤフォンをワイヤレス化できる「Bluetoothレシーバー」がダイソーで550円 使ってみたら想像以上に良かった (2024年07月14日)
  3. ドコモ販売ランキング:初登場の「Xperia 10 VI」と「AQUOS wish4」を抑えて首位に立ったのは……?【7月1日〜7月7日】 (2024年07月13日)
  4. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  5. アンカーが「Amazonプライムデー」に参加 260製品以上を最大50%オフに (2024年07月10日)
  6. 楽天モバイルの「株主優待SIM」は事業への理解を深めることが目的?(それはそれでアリ) (2024年07月13日)
  7. 「Galaxy Z Fold6/Z Flip6」は何が変わった? 折りたたみ×AIで新たな価値提案へ (2024年07月13日)
  8. PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、9月以降に2自治体で最大20%還元 (2024年07月12日)
  9. 楽天モバイルの“株主優待SIM”を使ってみた 毎月30GBを1年間、サブ回線の運用に最適 (2024年07月08日)
  10. ダイソーで110円の「スイッチ付(USB)Type-Aケーブル」を便利に使う方法を探る 「USBデスクライト」のスイッチとして最適な反面注意点も (2024年07月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー