特集
» 2012年08月15日 12時00分 UPDATE

我慢しないLED照明選び(4):大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜日立アプライアンス「LDA11L-G-A」編〜 (1/2)

今回紹介するのは日立アプライアンスの「LDA11L-G-A」。軽量・コンパクトながらも全光束810ルーメンの明るさを実現しており、密閉器具にも対応したLED電球だ。

[橘十徳,ITmedia]

 LDA11L-G-Aは6月15日に発売したばかりの最新モデルで、店頭価格はまだ4480円(ヨドバシカメラ調べ)と高めだ。全光束は810ルーメンで、白熱灯のような広い配光角を実現している。

ts_Hitachi_LDA11LGA_01.jpg 日立アプライアンスの「LDA11L-G-A」

ts_hitachi_pac.jpg パッケージは地味め

 この広配光角は、LEDの光を拡散させて光り方のムラを抑える「光拡散カバー」と、スリットの隙間から口金方向に向けて光が出る「スリット構造ボディ」によって実現した。このスリット構造ボディは放熱面積を増やしてLEDモジュールの熱を効果的に逃がす効果もあり、発光効率の向上に一役買っている。

 サイズは全長112ミリ、外径60ミリと、今回紹介する中では小型で、質量も120グラムともっとも軽い。消費電力は11.4ワット。定格寿命は4万時間。密閉器具にも対応しており、器具内の温度や周囲温度が高くなると自動的に電力を抑える保護機能も搭載している。

暖かみのある柔らかい光が好印象

 さっそく、実際に取り付けた印象をリポートしていこう。今回の特集では、和室と洋室のリビング2パターンで撮影した。比較に使用したのは白熱灯(60ワット)と、電球型蛍光灯の60ワット形相当タイプ。

ts_washitsu_hakunetsu.jpg 和室の全景。60ワット形白熱灯
ts_washitsu_kkoutou.jpg 60ワット相当の電球型蛍光灯
ts_Hitachi_LDA11LGA_04.jpg 「LDA11L-G-A」

 まずは和室から。明るさは十分で、白熱灯に比べて天井や横の壁にも十分に光が当たっている。色は白熱灯に近い、暖かみのある柔らかい光だ。

ts_tenjo_hakunetsu.jpg 天井付近の拡大。白熱灯
ts_tenjo_kkoutou.jpg 電球型蛍光灯
ts_Hitachi_LDA11LGA_07.jpg 「LDA11L-G-A」

 次に細部の拡大を見てみよう。天井付近の明るさは白熱灯に比べてわずかに暗いが、ほとんど気にならない。シェードの影もほとんど出ていなかった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう