レビュー
» 2012年10月29日 22時51分 UPDATE

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:「秋のヘッドフォン祭 2012」振り返り、気になる5製品を速攻レビュー! (1/2)

「秋のヘッドフォン祭2012」に登場した多くの新製品。今回は、その中からイヤフォン/ヘッドフォンに的を絞り、速報の試聴レビューをお届けしよう。

[野村ケンジ,ITmedia]

 今回から、2日間にわたる開催となった「秋のヘッドフォン祭2012」。会場には、発表されたばかりの新製品やこれから登場する“参考出品モデル”が無数に並び、その数は2日間あっても見きれないほど。いまや、ヘッドフォン関連に興味のある人にとっては、見逃すことのできない重要なイベントになっているのは確かだ。

 実際、気になる製品を挙げてみただけでも数10はあり、とてもすべては紹介しきれない。そこで今回は、高い注目を集めていた製品の中でもイヤフォン/ヘッドフォンに的を絞り、速報の試聴レビューをお届けしよう。

ゼンハイザー 「IE800」

 今回のイベントで、最も注目を集めていた製品といえば、やはりゼンハイザーの新しいフラッグシップとなるカナル型イヤフォン「IE800」だろう。IFAでもお披露目されており、デザインなどは情報として知っていたものの、やはり目の前にするのは格別。セラミック製のハウジング部は、光沢塗装仕上げのおかげもあってか、なかなかに上質なイメージが漂っていた。

ts_nomazen01.jpgts_nomazen02.jpg 年内の発売を目指しているゼンハイザー「IE800」(左)。それをさっそく試聴する野村ケンジ氏(右)。IE800の販売価格は7万円前後になる見込みだ

 そのサウンドは、しっかりとした低域の押し出し感を保ちつつ、きめ細やかでクリアな中高域が特長。特に解像度感については、IE80を明らかに上まわっていた。また音色傾向としては、ゼンハイザーらしい、芯のしっかりした感じは見せつつも、IE80のようなリアル派ではなく、響きの良さや聴き心地の良さを重視したかのようなイメージ。ナチュラルテイストのゼンハイザーサウンドというのも、なかなかに興味深い。

TDK 「TH-IE800」

 「IE800」といえば、“TDK Life on Record”ブランドの「TH-IE800」もなかなかに興味深かった。5.8ミリ口径と8ミリ口径のダイナミックドライバー2つを同軸上にマウントする、ユニークなモデルだが、無理に低域を膨らませる必要がない余裕もあってか、解像度感が高く伸びやかな低域を実現。おかげで女性ボーカルは重心が低く、豊かな響きの印象的な歌声を聴かせてくれる。アルトサックスなどの楽器も普段より力強い演奏に感じる。音色はナチュラル派といったイメージで、高域は強すぎず、心地よい響きを楽しませてくれた。なかなかに完成度の高いモデルだ。

ts_nomatdk01.jpgts_thie800.jpg 10月30日発売予定の「TH-IE800」は、2つのダイナミックドライバーを同軸上にマウントするユニークな製品。価格はオープンで、市場想定価格は1万2800円

 また、同ブースでは、MA(マグネチックアーマチュア)ドライバーを搭載する新モデル「TH-ECMA600」も展示されていた。デザインはほぼこれでキマリの様子。こちらの完成も今から楽しみだ。

ts_nomatdk02.jpg 「TH-ECMA600」

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう