ニュース
» 2012年11月30日 22時18分 UPDATE

zionote、300時間使えるポータブルヘッドフォンアンプ

JL Acoustic Labsのポータブルヘッドフォンアンプ「BAB1-XA」と「BAB3-JE」が登場。MCU搭載で高音質化と長時間駆動を実現した。

[ITmedia]

 zionoteは、JL Acoustic Labsのポータブルヘッドフォンアンプ「BAB1-XA」と「BAB3-JE」を12月18日に発売する。Micro Control Unit(MCU)の採用によって高音質化と長時間駆動を可能にしたモデルだ。

PhotoPhoto 「BAB1-XA」(左)と「BAB3-JE」(右)

 MCUはアナログ音声をデジタル変換した後、データを解析して周波数帯に分割し、最適な音響処理と増幅処理を独自のSFC(Sound Field Control)によって行う。ディスクリートといった従来のアンプ回路ではなくMCUを採用したことで、高音質化と長時間駆動を達成。内蔵バッテリーによる動作時間は約300時間という。充電は付属のUSBケーブルで行う。

 また、ハイエンドオーディオの高級スピーカーなどで使われるドイツMUNDORFのカップリングコンデンサーを搭載することで、さらなる高音質化を図った。エージング時間が100〜200時間必要となるが、このエージング期間の音の変化も楽しめるモデルだとしている。

 BAB1-XAはシングルコアMCUを搭載し、ヘッドフォンだけでなくイヤフォンにもマッチするチューニングを行ったモデル。同社直販サイトでの価格は2万7800円。一方のBAB3-JEはデュアルコアMCUを搭載し、プロセスコードもBAB1-XAの約3倍。インピーダンスの高いヘッドフォンに最適化している。直販価格は3万9800円だ。

 本体サイズは55(幅)×28(高さ)×105(奥行き)ミリで、重量は約125グラム。アナログ入力/ヘッドフォン出力ともに3.5ミリステレオミニ端子を採用した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.