ニュース
» 2013年03月12日 11時00分 UPDATE

手のひらサイズ:フォースメディア、AAC/apt-X対応のポータブルBluetoothスピーカー「BeCool」

フォースメディアは、手のひらサイズのBluetooth対応スピーカー「BeCool」を発売する。

[ITmedia]

 フォースメディアは3月12日、Bluetooth対応のポータブルスピーカー「BeCool」を発表した。3月中旬から直販サイト「フォースメディアダイレクトショップ」で販売する。価格はオープン。直販価格は8800円になる予定だ。

ts_becool01.jpg 「BeCool」。上面にバックライト付きのタッチ式ボタンを備えている

 Bluetooth 2.1準拠。オーディオコーデックにAACおよびapt-Xを採用しており、対応するプレーヤーとの組み合わせならワイヤレス伝送時の圧縮率を下げて従来より高音質の再生が可能になる。Bluetoothの対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。2台の機器と同時接続/切替が可能なマルチポイント接続にも対応した。

 手のひらサイズの黒いボディーは、操作ボタンをタッチ式としたことで、凹凸や継ぎ目を極力排除したデザインを可能にした。35ミリ径のフルレンジユニット2基とパッシブラジエーターを搭載し、各チャンネル3ワット出力のアンプで駆動する。

 前面にはマイクを内蔵し、スマートフォンなどを接続した場合にはハンズフリー通話が可能。3.5ミリステレオミニの外部入力端子、動作状況を声で知らせる音声案内といった機能も備えている。

ts_becool02.jpgts_becool03.jpgts_becool04.jpg 背面には充電用のmicroUSB、3.5ミリステレオミニの外部入力などを装備

 内蔵のリチウムイオン充電池は1150mAhで、フル充電から10時間の連続駆動が可能だ。充電用のmicro USBケーブル、ACアダプター、収納ポーチなどが付属する。本体サイズは118(幅)×108(奥行き)×55(高さ)ミリ。重量は230グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.