ニュース
» 2013年05月01日 16時14分 UPDATE

2つの同軸出力を持つUSB-DDC、英iFi Audioから「iFi micro iLink」が登場

キングインターナショナルは、英iFi AudioのUSB-DDC「iFi micro iLink」とフォノイコライザー「iFi iPhono」を5月11日に発売する。

[ITmedia]

 キングインターナショナルは、英iFi AudioのUSB-DDC「iFi micro iLink」とフォノイコライザー「iFi iPhono」を5月11日に発売する。価格はオープン。店頭ではiFi micro iLinkが3万9800円、iFi iPhonoは6万4800円前後になる見込みだ。

ts_ilink01.jpg 「iFi micro iLink」

 iFi micro iLinkは、PCからのUSB出力をS/PDIF(同軸、光)に変換するUSB-DDC(デジタル-デジタルコンバーター)。192kHz/24bitまで対応するほか、独自のジッター除去技術、信号の出力電圧が異なる2つの同軸デジタル端子などが特長となっている。2つの同軸端子は、S/PDIFを受けるDAC側にシーラス・ロジックの「CS8412/8414/8416」など定格より低い出力電圧が最適なチップが存在するため。「切り替え式でなく、独立した端子とすることで、インピーダンス・マッチングの整合性を担保した」(同社)。

 本体サイズは、168(長さ)×67(幅)×28(厚さ)ミリ。重量は265グラム。電源はUSBケーブルで供給する。なお、Mac OSやLinuxはドライバー不要で利用できるが、Windows XP用に同社サイトで専用のASIOドライバーを提供する。

ts_iphono01.jpg 「iFi iPhono」

 一方の「iFi iPhono」は、MMカートリッジとMCカートリッジに対応する専用入力を各1系統備えたフォノイコライザー。6種類のイコライザーカーブを持ち、幅広い年代・メーカーのレコードに対応する。

 本体サイズは、158(長さ)×68(幅)×28(高さ)ミリ。重量は198グラム。電源にはACアダプターを使用する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう