ニュース
» 2013年07月19日 13時12分 UPDATE

フォースメディア、apt-X/AACに対応したBluetoothFMトランスミッター

フォースメディアは、スマートフォンなどに保存した楽曲を車内で気軽に楽しめるFMトランスミッターの新製品「JF-BTFMAXK」を発表した。

[ITmedia]

 フォースメディアは7月19日、スマートフォンなどに保存した楽曲を車内で気軽に楽しめるFMトランスミッターの新製品「JF-BTFMAXK」を発表した。7月下旬に大手量販店、カー用品店、ネット販売店などで発売する。価格はオープン。店頭では5980円前後になる見込みだ。

ts_jforce01.jpg J-Forceブランドの新製品。「JF-BTFMAXK」

 同社のヒット商品「JF-BTFM2K」をAAC/apt-Xに対応させた新バージョン。Bluetooth半導体大手でapt-Xの技術ライセンスを持つCSRのBluetooth4.0対応チップ「CSR8645」を搭載し、高音質および遅延の少ない伝送が可能になったという。

ts_jforce02.jpgts_jforce03.jpg 1アンペアの電流供給が可能な充電用USBポートを装備

 そのほかの仕様は従来機と同じ。FM周波数は87.9M/ 88.1M/ 88.3M/ 88.5M/ 88.7M/ 88.9MHzから選択が可能。1アンペアの電流供給が可能な充電用USBポートも備えており、スマートフォンを充電しながら音楽再生が行える。

 外形寸法は、47.5(直径)×100.04(長さ)ミリ。重量は30グラム。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.