ニュース
» 2013年09月03日 13時40分 UPDATE

ワイヤレスにモバイル連携、進化したソニーのHMD「HMZ-T3/T3W」登場 (1/2)

ソニーは、有機ELパネルを搭載するヘッドマウントディスプレイの新製品「HMZ-T3」および「HMZ-T3W」を発表した。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ソニーは9月3日、有機ELパネルを搭載するヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)の新製品「HMZ-T3」および「HMZ-T3W」を発表した。11月中旬に発売する予定で、価格はオープン。店頭では、標準モデルの「HMZ-T3」が8万円前後、Wireless HDを搭載した「HMZ-T3W」は10万円前後になる見込みだ。

ts_hmd04.jpgts_hmd012.jpg 標準モデルの「HMZ-T3」(左)がピアノブラック、ワイヤレス対応の「HMZ-T3W」(右)はメタリックブラック

 右目用と左目用にそれぞれ有機ELパネルを搭載し、原理上クロストークの発生しない3D映像や、“20メートル先に750インチ相当”の臨場感を楽しめる“パーソナル3Dビューアー”の第3弾。有機ELパネルの解像度は従来と同じ1280×720ピクセル(720p)だが、新たにバッテリーを採用してHMDを持ち歩くことが可能になった。

ts_hmd010.jpgts_hmd011.jpg HMD本体とバッテリー。バッテリーにMHL対応のHDMI入力を搭載している

 バッテリーは、HMD本体と1.2メートルのケーブルでつながれ、MHL(Mibile High Difinition Link)対応のHDMI入力を備えた。MHL対応のスマートフォンなどと組み合わせれば、「どこでも使える」(同社)。なお、MHL対応ケーブルは付属しない(HDMIケーブルのみ)が、HMD本体とバッテリーを一緒に収納できるケースが付属する。

宅内ではプロセッサーユニットに接続

 宅内利用時には、付属のプロセッサーユニットと接続する。プロセッサーユニットは3系統のHDMI入力を持ち、BDレコーダーやゲーム機などを接続しておけば、いつでも切り替えて利用できる。

ts_hmd09.jpgts_hmd019.jpg プロセッサーユニットには3系統のHDMI入力を装備

 「HMZ-T3」の場合、プロセッサーユニットとの接続は有線(ケーブル)となるが、「HMZ-T3W」では60GHz帯を使用するWireless HDのワイヤレス接続が可能だ。ケーブルを引き回す手間がなく、非圧縮伝送のため画質劣化も発生しない。なお、Wireless HDでは同時に2台まで接続が可能で、対応プロジェクターなどと併用することもできる。なお、プロセッサーユニットには32bit DACとヘッドフォンアンプも搭載し、手持ちのヘッドフォンをつなげば音楽も高品位に楽しめる(HMD出力時は従来通り24bit)。ヘッドフォンジャックは6ミリのフルサイズだ。

iconicon
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.