ニュース
» 2013年09月19日 21時52分 UPDATE

エフエム東京、ワンセグ/V-Lowマルチメディア放送受信に対応したWi-Fiチューナー型受信機を開発

エフエム東京は、ワンセグ/V-Lowマルチメディア放送受信に対応したWi-Fiチューナー型受信機を開発。「CEATEC JAPAN 2013」に参考展示する。

[ITmedia]

 エフエム東京は、ワンセグ/V-Lowマルチメディア放送受信に対応したWi-Fiチューナー型受信機を発表した。10月1日〜5日にかけて幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2013」で参考展示する。

 同社では、スマートフォンやタブレットなどで動作するV-Lowマルチメディア放送受信アプリの開発を進めているが、今回は日本アンテナが開発したWi-Fiチューナー型受信機と組み合わせることにより、既存のスマートデバイスでV-Lowマルチメディア放送が受信できるようになったという。

Photo 日本アンテナが開発しているワンセグとV-Lowマルチメディア放送受信

 参考展示される受信機は、受信周波数が90〜108MHz(V-Low)と470〜710MHz(ワンセグ)。本体サイズは65(幅)×44(高さ)×18(奥行き)ミリ、重量は約60グラム。電源にはリチウムイオンバッテリーを内蔵する。対応OSはiOSとAndroidの2種類となっている。

Photo エフエム東京のV-Lowマルチメディア放送受信アプリ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.