ニュース
» 2013年09月20日 23時18分 UPDATE

3チューナーにBlu-ray 3D対応、パナソニックがCATVセットトップボックス2機種を発表

パナソニックは、3番組同時録画を可能にしたCATVセットトップボックス2機種を発売する。外付けUSB-HDDやブルーレイ3Dディスクにも対応する。

[ITmedia]

 パナソニックは、Blu-ray 3D再生にも対応したBDドライブ/HDD内蔵のCATVデジタルセットトップボックス「TZ-BDT920F」「TZ-BDT920PW」を11月に発売する。

Photo CATVデジタルセットトップボックス「TZ-BDT920F/TZ-BDT920PW」

 3チューナー搭載により、3番組の同時録画が可能。内蔵HDDは1Tバイトで、USB外付けHDDによる増設にも対応する。また高速ダビングをサポートし、HDDに録画した番組をモード変換しながらBDへダビングする際は、従来製品より約3倍早いという。

 ネットワーク機能も充実。DLNA/DTCP-IPサーバ機能を搭載し、録画番組やリアルタイムの放送を対応テレビなどにストリーム配信できる(同時に2カ所まで)。iPhone、iPad、iPod touchの場合は、デジオンの「DiXiM CATV Player」を使用する。

 また、アクトビラやYouTube、TSUTAYA TVなどのネットワーク動画配信サービスもサポート。「TZ-BDT920PW」は無線LAN内蔵モデルのため、ネットワーク環境を簡単に構築できる。

 製品サイズは430(幅)×59(高さ)×249(奥行き)ミリで、重量は約3.0キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.