ニュース
» 2013年09月26日 20時50分 UPDATE

「ハイレゾ再生のハードルを下げる」、ソニーがHDDプレーヤーなど6機種を発表 (1/2)

ソニーがハイレゾ音源対応のホームオーディオ機器6製品をリリース。“ES”型番の高級機を含むHDDプレーヤー2機種に加え、PCオーディオ用のUSB-DAC搭載アンプ、2機種のスピーカーなどをラインアップした。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ソニーは9月26日、同社のオーディオ製品事業において「ハイレゾリューション・オーディオ」を全面的に推進すると発表した(→関連記事)。あわせてハイレゾ音源対応のホームオーディオ機器6製品をリリース。“ES”型番の高級機を含むHDDプレーヤー2機種に加え、PCオーディオ用のUSB-DAC搭載アンプ、2機種のスピーカーなどをラインアップした。

ts_hures042.jpgts_hures045.jpg

型番 HAP-Z1ES TA-A1ES HAP-S1 UDA-1 SS-HA1 SS-HA3
概要 HDDプレーヤー プリメインアンプ HDDプレーヤー USB-DAC機能付きアンプ 3Wayスピーカー 2Wayスピーカー
価格 22万500円 22万500円 実売8万円前後 実売5万円前後 実売7万円前後 実売4万円前後
発売日 10月26日 10月12日 10月26日 10月12日

PCオーディオ派に「UDA-1」

 「UDA-1」は、デスクトップオーディオ向きのコンパクトなUSB-DAC内蔵ステレオアンプだ。内蔵DACは、最大192kHz/32bitのPCM音源とDSD 2.8MHz/5.6MHzをサポート。無償ダウンロードできるPC用ソフト「Hi-Res Audio Player」と組み合わせ、DSDのネイティブ再生も可能だ(DoPには非対応)。

ts_hures01.jpgts_hures02.jpg 「UDA-1」(PCやスピーカーは別売)

 USB端子は前面(Aタイプ)と背面(Bタイプ)の2つ。PCとの接続に加え、オプションのUSB変換ケーブル「WMC-NWH10」(2980円)を使えばハイレゾ対応“ウォークマン”の「NW-Z1」「NW-F880」から楽曲を再生することもできる。

ts_hures033.jpgts_hures034.jpg 製品概要(左)。「Hi-Res Audio Player」(右)

 音質面にも力を入れている。例えばパワーアンプ部は、100kHz以上の広帯域というAB級アナログアンプで、L/R独立の“ツインモノ”構成として干渉の少ないクリアな音を目指した。最大出力は23ワット+23ワット。

 筐体(きょうたい)はコンパクトながら、重量感のある1ミリ厚の高剛性シャーシを採用。フロントパネルから天板にかけては一体型の3ミリ厚アルミ無垢材を使用している。また電源やアンプ、DAC基板には通常よりも2倍厚い銅箔(どうはく)を使ったガラスエポキシ基板を使い、振動や信号伝達ロスを抑制。ほかにもメカニカルボリュームや新開発のEIコアトランス、専用チューニングの大型電源ブロックコンデンサーなど「単品コンポ並み」のパーツを多く使用しているという。

 オーディオ入力として、USBのほかに光/同軸デジタル各1系統とライン(RCA)を装備。また192kHz/32bit対応のD/Aコンバーターのアナログ出力を、セレクターやコネクターを一切介さず直接出力する端子も用意した。

 本体サイズは、225(幅)×262(奥行き)×74(高さ)ミリ。重量は約4キログラム。

ミニコンポ派にHDDプレーヤー「HAP-S1」

 「HAP-S1」は、HDDプレーヤーとステレオアンプを一体化したハイレゾ対応オーディオコンポーネントだ。ネットワークプレーヤーではないが、有線LANとIEEE802.11b/g/n無線LANを搭載。PCに専用ソフトウェア「HAP Music Transfer」(Windows/Mac版)をインストールしておくと、自動的にネットワーク経由で本体に楽曲をコピーしてくれる仕組みになっている。

ts_hures024.jpgts_hures025.jpg 「HAP-S1」。本体前面のディスプレイはジャケット写真に使われている色によって背景色が変わる

 この自動転送機能は、USB-DACやDLNAの煩雑な初期設を不要にして、ハイレゾ音源再生のハードルを下げるためのもの。ソニーは、「音源をコピーしたあとは、PCの電源を入れる必要なく、楽曲を楽しめる。待ち時間や音切れの心配もなし。より幅広いユーザー層に訴求できる」としている。

ts_hures026.jpgts_hures027.jpg PCを使っていないとき、「マイミュージック」フォルダーにある楽曲ファイルをHAP-S1に自動コピーする。フォルダー指定も可能だ(左)。ジョグダイヤルを装備。プッシュエンター式だ(右)

 操作性にも配慮した。本体前面に4.3型のフルカラー液晶ディスプレイとジョグダイヤルを備え、くるくると回してジャケット写真を見ながら目的の楽曲を見つけることができる。また、Android/iOS用アプリ「HDD Audio Remote」をタブレットやスマートフォンに導入すれば、より大きな画面とタッチパネルで操作が可能。「アプリ内には楽曲メタデータのみを取り込むため、検索スピードが速い。とくに多くの楽曲を持っている人に適している」(同社)。

 内蔵HDDの容量は500Gバイトで、DSD 2.8MHzなら約3000曲をため込める。USB端子(タイプA)に外付けHDDを接続してストレージを拡張することも可能だ。

 内蔵アンプは、前述の「UDA-1」に準じたもの。広帯域のAB級アンプを採用し、L/Rのスピーカーを独立して駆動させるツインモノ方式とした。最大出力は40ワット+40ワット。大型の電源ブロックコンデンサやガラスエポキシ基板といった高品位パーツ類もUDA-1と共通だ。

 本体サイズは、265(幅)×88(高さ)×304(奥行き)ミリ。重量は約5.8キログラム。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.