ニュース
» 2013年12月12日 21時21分 UPDATE

おでかけ転送用アプリも:ソニーのポータブルワイヤレスサーバ「WG-C20」がiOSを正式サポート

ソニーは、ポータブルワイヤレスサーバ「WG-C20」用の管理アプリ「File Manager」および「おでかけ転送用アプリ for WG series」のiOS版を公開する。

[ITmedia]

 ソニーは、ポータブルワイヤレスサーバ「WG-C20」用の管理アプリ「File Manager」および「おでかけ転送用アプリ for WG series」のiOS版を12月13日に公開する。

ts_sonyps01.jpgts_seeq06.jpg ポータブルワイヤレスサーバ「WG-C20」。サイズは70.9(幅)×143.4(奥行き)×8.9(厚さ)ミリ、重量約130グラム(左)とSeeQvault SDカード(右)

 WG-C20は、SDカードスロットとUSB端子を備え、PCやスマートフォンなどの端末から無線LAN経由でSDカード/USBメモリ内のデータにアクセスできるポータブルサーバ。3000mAhのバッテリー容量を持ち、スマートフォンなどを充電することも可能だ(→関連記事)。

 ソニーは、WG-C20の発表時からiOS 6.0以降への対応を表明していたが、今回2つのアプリをリリースすることで約束を果たしたかたちだ。おでかけ転送用アプリでは、「nasne」(ナスネ)からのワイヤレス転送およびワイヤレス再生をサポート。WG-C20にSeeQvault SDカードを挿入しておけば、無線LANでnasneから録画番組を転送できる。外出先では、「Twonky Beam」(NTTドコモ以外は有償)や「media Link Player for DTV」(有償)といったアプリで録画番組の視聴が可能になる。ただし、iOSデバイス側がフルHDコンテンツの再生に対応していないため、録画モードはSD解像度に限られ、ソニー製BDレコーダーからの転送にも対応していない。

 このほか、iOS機器のデータをバックアップしたり、SDカードやUSBメモリーのデータをiOS機器にコピーするといったことも可能だ。iOSだけの機能として、iPhoneの「連絡先」バックアップ機能が挙げられる。例えば機種変更時などに古いiPhoneから連絡先をWG-C20にエクスポートしておけば、新しいiPhoneにインポートできる。

 iOS機器の充電も可能だ。通常は500ミリアンペアだが、WG-C20を「給電専用モード」にすると1.5アンペアまで給電能力がアップする。ただし、給電専用モード中はWi-Fi経由のデータアクセスは不可となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.