ニュース
» 2014年05月15日 13時00分 UPDATE

ESSのDACを搭載:「クラスを超えた」ベーシックモデル、パイオニアがAVアンプ2機種を発表 (1/2)

パイオニアは、AVアンプの新製品「VSA-1124」および「VSA-824」を6月下旬に発売する。音質設計を抜本的に見直したほか、4K伝送など技術トレンドもカバーした。

[ITmedia]

 パイオニアは5月15日、AVアンプの新製品「VSA-1124」および「VSA-824」を発表した。「今回のキーワードは“クラスを超えた”。上位機の設計思想を継承したベーシックモデルだ」(同社)という。価格は、7.2ch対応の「VSA-1124」が8万5000円、5.2chの「VSA-824」が5万1000円。いずれも6月下旬に発売する。

ts_vsa01.jpgts_vsa02.jpg 「VSA-1124」(左)と「VSA-824」(右)

型番 VSA-1124 VSA-824
概要 7.2ch対応 5.2ch対応
実用最大出力 180ワット/ch 160ワット/ch
HDMI入力 7入力(4Kアップスケール対応) 6入力(4Kパススルー対応)
価格 8万5000円 5万1000円
発売時期 6月下旬

 「VSA-1123」「VSA-823」の後継となるディスクリートアンプ搭載のAVアンプ。ESSテクノロジーのDACチップ(ES9006S)を初めてベーシックラインに展開したほか、アナログ/デジタル回路の独立電源化やルビコンと共同開発したPML MUコンデンサ(キャパシター)の採用、パワーアンプ部の伝送経路最短化など、音質設計を抜本的に見直した。「新製品はAirStudiosのチューニングではないが、上位モデルでAirStudiosと一緒に仕事をした熟練技術者が担当している。“LXシリーズの音”を下方展開できたと考えている」(同社)。

ts_vsa010.jpgts_vsa08.jpg 製品概要。HDMI2.0など最新技術トレンドも導入

 音質面では、低域の再現力強化にも力を入れている。2機種ともサブウーファーを2つ接続できるプリアウトを持っているほか、MCACCは低域のマネジメント能力を強化(EQ、Delay、Level)。さらにVSA-1124には、遅延を抑える新機能「サブウーファーEQ補正機能」を追加した。EQタイプ「ALL CH ADJUST」で自動調整が行われるほか、ユーザーによるマニュアル調整も可能だ。

 最新の技術トレンドもカバーした。例えばHDMI 2.0に対応し、4K/60pのクロマフォーマット4:4:4映像信号を伝送できる(3つのHDMI入力端子が対応)。さらに、VSA-1124では4Kアップスケール機能も搭載。「4:4:4/12bitまでの4K規格フルスペックに対応したことで、色信号を圧縮せず、接続機器のパフォーマンスを最大限引き出せるようになった」(同社)。

ts_vsa06.jpgts_vsa07.jpg 「VSA-1124」の背面。HDMI入力のうち、4K/60p 4:4:4/24bitに対応するのは3端子。VSA-1124では「IN1」「BD IN」「IN2」(右)。なお、VSA-824の場合は「GAME」「BD」「SAT/CBL」となっている

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう