ニュース
» 2014年06月13日 22時40分 UPDATE

東京おもちゃショー2014:茨城交通「ガルパンバス2号車」がHOゲージサイズで登場

茨城交通の“痛バス”「ガールズ&パンツァーバス2号車」がHOゲージスケール(1/80)の模型になる。

[ITmedia]

 茨城交通が運行している“痛バス”こと「ガールズ&パンツァーバス2号車」がHOゲージスケール(1/80)の模型になる。トミーテックから7月に発売される予定で、価格は3800円(税別)。

ts_itabus01.jpg タカラトミーブースに展示されている「ガルパンバス2号車」

 茨城交通は、茨城県大洗町を舞台としたアニメ「ガールズ&パンツァー」を応援するため、路線バスにキャラクターの絵柄をラッピングした“痛バス”を製作。通称「ガルパンバス」は声優による車内アナウンスなども合わせ、町おこしとして話題になった。

 昨年6月には観光庁の第1回「今しかできない旅がある」若者旅行を応援する取組」において「奨励賞」を受賞。ガルパンバスで国土交通省の玄関に乗り付けようとしたが、古い車両を使っていた1号車は排ガス規制のため東京に入れないことが判明。このため、多くの関係者が協力し、わずか2週間で完成させたのが、この2号車だという。

ts_itabus02.jpg

 トミーテックでは、2号車のベースになった「日野レインボーII」(PDG-KR234J2)の金型を新規に起こし、全長約110ミリの精密なモデルを製作。サイドミラーが別パーツとして付属しており、好みで取り付けが可能だ。なお、1号車については昨年秋にNゲージサイズ(1/150)で模型化されている。

ts_itabus03.jpg 1号車とのサイズ比較

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう