ニュース
» 2014年08月27日 19時20分 UPDATE

6畳間でも気軽に使ってください:エプソン、リビング向きプロジェクター2製品を発表 (1/2)

プロジェクターというと、本格的なホームシアタールームを作って、そこに設置するものというイメージを持っている人が少なくないと思う。エプソンはリビングでも楽しめるプロジェクターを発売する。

[笹田仁,ITmedia]

 エプソンは2014年8月27日、家庭向けプロジェクターの新製品4製品を発表した。4製品の内訳は、フルHD(1920×1080ピクセル)の解像度に対応し、WirelessHD対応トランスミッターをセットにした「EH-TW6600W」と、EH-TW6600WからWirelessHD対応トランスミッターを省いた「EH-TW6600」。解像度がWXGA(1280×800ピクセル)で、3Dに対応する「EH-TW530」と、EH-TW530に80型のスクリーンを付属させた「EH-TW530S」だ。

 4製品とも9月11日発売予定。価格はすべてオープン。予想実売価格は「EH-TW6600W」が21万9980円、「EH-TW6600」が18万9980円、「EH-TW530」が6万9980円、「EH-TW530S」が7万4980円。

hs_Epson_Projector_1.jpghs_Epson_Projector_2.jpg エプソンが新たに発売するプロジェクター。左が「EH-TW6600W」。本体右側にある黒い箱がWirelessHDのトランスミッター。3D映像にも対応するので、3Dメガネも付属する。「EH-TW6600」には、WirelessHDトランスミッターが付属しない。右が「EH-TW530」。「EH-TW530S」には、80型のスクリーンが付属する
製品名 主な仕様 実売予想価格 発売日
EH-TW6600W フルHD対応、3D対応、WirelessHDトランスミッター付属 21万9980円 9月11日
EH-TW6600 フルHD対応、3D対応 18万9980円
EH-TW530 WXGA対応、3D対応 6万9980円
EH-TW530S WXGA対応、3D対応、80型スクリーン付属 7万4980円

 説明会ではまずエプソン販売の取締役で販売推進本部 本部長を務める鈴村文徳氏が日本のプロジェクター市場の現状と、エプソン製品の売れ行きについて語った。

hs_Epson_Projector_3.jpg エプソン販売の取締役で販売推進本部 本部長を務める鈴村文徳氏

 鈴村氏によると2013年は日本のプロジェクター市場が大きく飛躍した年になったという。前年(2012年)比で160パーセントになるほどの成長を遂げた。これは主に10万円以下の中価格帯で、フルHDと3Dに対応した製品が多く売れた結果だという。これはエプソン製品では昨年発売の「EH-TW5200」に相当する。実際、この製品はかなり売れたそうだ。その結果、エプソン製品はプロジェクター市場の中で60パーセントを占めるほどの成長を遂げたという。

hs_Epson_Projector_4.jpg プロジェクター市場の年度別の推移。2012年比で2013年は160パーセントになるほどの成長を遂げた

 ただし鈴村氏は、「プロジェクター市場にはまだまだ拡大する余地がある」と語る。そこでエプソンが実施したアンケート調査の結果を示した。この調査は20代〜70代の男女を対象にしたもので、プロジェクターという商品への関心度を調べたものだ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.