特集
» 2014年12月16日 15時04分 UPDATE

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:知らないジャンルも聴いてみたくなる! おすすめハイレゾ対応システムとハイレゾ楽曲 (1/2)

特集「初心者歓迎!ハイレゾのイロハ」連動のデジタル閻魔帳の後編は、麻倉怜士氏がおすすめするハイレゾ対応オーディオシステムとハイレゾ楽曲をご紹介。えっ、選曲がいつもと違う……。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 特集「初心者歓迎!ハイレゾのイロハ」連動のデジタル閻魔帳第2回。前回はAV評論家・麻倉怜士氏にハイレゾ音源の魅力について解説してもらったが、今回はいよいよ実際にハイレゾ音源の再生がテーマだ。麻倉氏おすすめの再生システムと楽曲を中心に紹介してもらった。

ts_highressp05.jpg

――今回は実際にハイレゾ音源を楽しむための方法を教えてください。

麻倉氏: ハイレゾを楽しむ方法はいくつかありますが、まずは主流のファイルダウンロードですね。「e-onkyo music」や「mora」といった楽曲配信サイトで購入します(画像クリックでリンク先へ飛べます)。

ts_mora01.jpgts_eonkyo02.jpg ウォークマン公式音楽配信サイトとしてハイレゾ音源を扱い始めた「mora」(左)。ソニーミュージック系アーティストが充実。国内では老舗といえる「e-onkyo music」。最近はアニソンや独自のコンピレーションアルバムなどにも力を入れている(右)

ts_ototoy03.jpgts_hqmstore04.jpg アーティスト情報の配信やDSD収録にも力を入れている「OTOTOY」(左)。クラシックやジャズのほか、最近ではシンコーミュージック・エンタテイメントの懐かしい名曲を配信している「HQM STORE」(右)

麻倉氏: 再生機は、ポータブルならソニーの「ウォークマン」が使いやすいでしょう。とくに発売されたばかりの「Aシリーズ」は初めてエントリーモデルがハイレゾ音源再生に対応したうえ、ハイレゾ対応ウォークマンの中で唯一、micro SDカードスロットを搭載しています。

ts_nwa01.jpg ウォークマン「Aシリーズ」。64Gバイトメモリ内蔵の「NW-A17」(実売3万5000円前後、税別)と32Gバイト版の「NW-A16」(実売2万5000円前後)がある

麻倉氏: 購入した音源は、PCからUSBケーブルで転送したり、micro SDカードに記録してポータブル機器に入れますが、Aシリーズのようにカードスロットを持っている場合、最初は内蔵メモリで使っていて、音源が増えたときにカードを買い足せば良いのですから、低コストで始めたい人にはぴったりです。

ts_nwa03.jpg ウォークマン「Aシリーズ」は、側面にmicro SDカードスロットを搭載

――ハイレゾ音源ファイルはかなり容量がありますからね。最初は十分だと思っていても、足りなくなることも多いです。その点、micro SDカードスロットがあると安心ですね

麻倉氏: ほかにも「AKシリーズ」で知られるAstell & Kern(iriver)やHi-FiMANのプレーヤーもありますが、価格は高めで高級機という位置づけになっています。これらの高級機はDAC(Digital to Analog Converter)を2系統搭載してより高精度のデジタル/アナログ変換を追求したり、ヘッドフォン/イヤフォンのバランス接続に対応していたり、カードスロットを2つ搭載していたりと音質のための付加価値も多いですね。

 さらに音質を求めると、プレーヤーとは別体の外付けDACを使います。DACはUSBやSPDIFで出てくるデジタル信号をアナログに変える機材で、多くの場合はポータブルアンプの機能を持っています。それらを一緒に持ち歩く人もいます。

――ヘッドフォンのおすすめはありますか?

麻倉氏: ソニーの「MDR-Z7」を挙げておきましょう。ソニーのヘッドフォンは今まで解像度重視で“カチカチ”な音が多い傾向でしたが、Z7はしなやかで、かつ音の核がしっかりしています。音場も広く、従来のソニー製品とは一線を画したヘッドフォンリスニングが楽しめますよ。

ts_sony7z01.jpg ソニーの「MDR-Z7」は、ハイレゾ基準を大きく上回る4〜10万Hzを再生できるというフラグシップモデル。実売想定価格は5万6000円前後(税別)

――ポータブル機器はハイレゾ再生の入り口として最適ですが、スピーカーから音を出したい場合にはどうでしょう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.