ニュース
» 2015年01月06日 20時09分 UPDATE

2015 CES:史上最薄! Android TV搭載のソニーの4Kテレビシリーズ登場――さらに拡充された「Life Space UX」も (1/3)

スマホより薄い4Kテレビにシンフォニックライトスピーカー」、会見に合わせて公開されたソニーブースの展示内容をフォトリポート形式で紹介していこう。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

 ソニーは、「2015 International CES」開幕前日の1月5日(米国時間)、米ラスベガスで報道関係者向けの発表会を開催した。本稿では、会見に合わせて公開されたソニーブースの展示内容をフォトリポート形式で紹介していこう。

ts_05cessony01.jpg 今回発表されたソニーの4Kテレビシリーズ

ts_05cessony02.jpg 過去最薄のボディーがセールスポイント

ts_05cessony03.jpg 「スマートフォン(Xperia)より薄い」と本体上側の最薄部と薄さを比較するためにスマートフォンを並べて撮影する人も

 まず昨年(2014年)の夏に予告された“2015年モデルへのAndroid TV採用宣言”通り、プレスカンファレンスで紹介された同社史上最薄となる2015年モデルにはすべてAndroid TVが搭載された。これにより、タブレットやスマートフォン、スマートウォッチなど、Android搭載製品とのデバイス間連携がさらに容易になった。またコンテンツや機能拡張、ゲームなどのアプリがAndroid TVのプラットフォームに提供されるようになっている。

ts_05cessony04.jpg Android TV採用も大きなポイントの1つ。Google Cast Readyをうたうように、Androidデバイス間のコンテンツ送信や制御など連携が容易になった

 さらにテレビ自体も新しい画像エンジンとなる「4KプロセッサX1」を採用し、さらに映像処理能力が向上。「One-Flick Entertainment」と呼ばれる専用の簡易コントローラーによる操作への対応に加え、ソニーの「Video Unlimited」や「Netflix」などの4Kコンテンツストリーミング配信も含め、ソニーならではの取り組みも大きなポイントとなる。

ts_05cessony05.jpgts_05cessony06.jpg Android TV対応により、YouTubeなど各種コンテンツの再生やゲームの利用がAndroidアプリベースに。ストアコンテンツも利用できる

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.