ニュース
» 2015年05月15日 12時33分 UPDATE

FM補完放送対応:デノン、ヘッドフォン出力にもこだわったHi-Fiコンポ「D-M40シリーズ」

デノンはHi-Fiコンポの新製品「D-M40シリーズ」を6月上旬に発売する。ヘッドフォン専用アンプおよび3段階のゲイン切替機能も備えた。

[ITmedia]

 デノンは5月15日、Hi-Fiコンポの新製品「D-M40シリーズ」を発表した。CDレシーバー「RCD-M40」およびスピーカーシステム「SC-M40」を6月上旬に発売する。CDレシーバーは4万2800円(税別)でシルバーとブラックの2色、スピーカーにはブラックとチェリーがあり、どちらも2台1組で1万7800円。

ts_40m01.jpg シルバーの「RCD-M40」とブラックの「SC-M40」を組み合わせた例

 RCD-M40は、CDドライブ、FM/AMラジオ、iPhoneやUSBメモリーを接続するUSB端子などを備えたアンプ一体型のユニットだ。FM/AMチューナーは、新たにFM補完放送の周波数帯をカバー。 またUSBメモリーからのファイル再生では、 新たに48kHzまでのFLAC、 WAV、 AACファイルの再生に対応した。

 背面端子は、テレビやセットトップボックスを接続できる光デジタル入力は1系統を追加し、2系統とした。内蔵アンプは30ワット+20ワット。シンプル&ストレート回路構成により「純度型核色づけのない音を再現する」(同社)。

ts_40m04.jpgts_40m05.jpg

 また近年のポータブルオーディオブームを背景にヘッドフォン専用アンプおよび接続するヘッドフォン/イヤフォンのインピーダンスや能率に合わせて調節できる3段階のゲイン切替機能も設けた。CDレシーバー部のサイズは、210(幅)×115(高さ)×309(奥行き)ミリ。重量は4キログラム。

ts_40m03.jpg シルバーの「RCD-M40」にチェリーの「SC-M40」を組み合わせた例

ts_40m02.jpg ブラックとブラック

 一方のスピーカーの「SC-M40」は、2.5センチソフトドームツィーターと12センチペーパーコーンウーファーを搭載した2Wayバスレフ型スピーカー。1本あたりのサイズは145(幅)×238(高さ)×234(奥行き)ミリ。重量は3.6キログラム。

関連キーワード

デノン | AVコンポ | Hi-Fi | ウーファー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.