連載
» 2016年03月05日 06時00分 UPDATE

なぜ山形なのにオランダ? 謎のせんべい「オランダせんべい」

[ITmedia]

 「こんな変わったお土産ってアリ?」「これってもしかして方言だったの?」そんな日本の文化を1日1つずつ紹介していく「日本のお土産&方言特集」

 山形の有名なお菓子といえば「オランダせんべい」です。サラダ味でパリパリした素朴なこのせんべいは、山形県庄内地方で作られています。なぜ、ヨーロッパの国名が入っているのでしょうか。

ms_D2_01.jpg (画像は酒田米菓公式サイトより)

 山形の方言では自分たちのことを指して「おらだ」と言います。オランダせんべいは「私たちの作った煎餅」という意味で、昭和37年から変わらず作り続けているんだそうです。

 実は「オランダせんべい」と呼ばれる商品自体は日本に2種類あり、山形だけではなく北海道にも存在しています。北海道の商品は長崎に伝えられていた「オランダ焼き」から来ており、オランダの貿易船のルートの1つが根室だったこともあり、北海道に伝わったと考えています。

ms_orandaD2.jpg 北海道の「オランダせんべい」(画像は公式販売サイト端谷菓子店より)

 北海道のオランダせんべいも美味しいですが、山形のオランダせんべいもシンプルな味付けで一度食べるとまた食べたくなりますよ。お手頃価格なのでちょっとした手土産にも便利です。

omiyage_hougen_img.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.