ニュース
» 2016年03月08日 13時01分 UPDATE

「使いやすさ」に自信あり――ソニー、BDレコーダー4機種を発表 (1/2)

ソニーは、Blu-ray Discレコーダーの新製品として「BDZ-ZT2000」など4機種を4月末に発売する。ユーザーインタフェースを刷新したほか、新リモコンの採用などで使い勝手を向上させている。

[ITmedia]

 ソニーは3月8日、Blu-ray Discレコーダーの新製品「BDZ-ZT2000」など4機種を発表した。ユーザーインタフェースを刷新したほか、新リモコンの採用などで使い勝手を向上。チューナー数と内蔵HDD容量によって4機種をラインアップしている。いずれも4月30日に発売する。価格はオープンプライス。

ts_bdz05.jpg 「BDZ-ZT2000」。基本デザインは共通だ

型番 BDZ-ZT2000 BDZ-ZT1000 BDZ-ZW1000 BDZ-ZW500
内蔵HDD容量 2TB 1TB 1TB 500GB
デジタルチューナー数 3 3 2 2
CATV LAN録画 後日アップデート対応
スカパー!プレミアムサービスLink 後日アップデート対応
Wi-Fi 内蔵
外形寸法 約430.7(幅)×43.9(高さ)×208.6(奥行き)mm
重量 約2.9kg 約2.7kg
実売想定価格(税別) 8万3000円前後 7万円前後 6万円前後 5万円前後
発売日 4月30日

 ソニーのBDレコーダーといえば「PlayStation 3」と同じ「クロスメディアバー」(XMB)を採用していたことが特徴の1つだった。しかし、「10年以上使ってきたXMBは機能の増設が続き、新しい機能がメニューの深い階層にあるなど少し窮屈(きゅうくつ)になっていた」(同社)という。そこで今回は、XMBに代わるユーザーインタフェースを新規に開発した。

ts_bdz01.jpg ホーム画面

 まずホーム画面は、「視聴する」などユーザーの目的に沿ったメニューが並ぶ第1階層と、「ディスク再生」など個別の機能を設けた第2階層に分けて直感的に操作できるようにした。また電子番組表は、白バックに黒文字表示と新聞のラジオテレビ欄に近いデザインを採用して見やすさアップ。大画面テレビとの接続を前提として一度に表示する情報量を増やした。もちろん文字サイズの変更も可能だ。

ts_bdz02.jpg 番組表は、白バックに黒文字表示と新聞のラジオテレビ欄に近いデザイン

 録画リストは、番組をジャンル別に仕分けした初期画面を採用。スクロールしながら目的の番組を探す手間を省く。また番組情報が2行表示されるため、いちいち番組詳細画面を呼び出さなくても出演者や内容を確認できる。オプションメニューを呼び出すのも十字キーで左右に移動するだけ。今までのようにメニューボタンを押す手間がない。

ts_bdz03.jpg 録画リスト。カーソルキーを右に動かせばオプションメニュー、左に移動すると「未視聴番組」など検索条件を選べる。録画したHDDごとの絞り込みなども可能だ
ts_bdz04.jpg 予約ランキングは分かりやすい番組ジャンル別の表示を採用した

 リモコンも進化した。先端部に赤外線を送出するLEDモジュールを3つ備え、扇状に並べること赤外線信号を広い範囲に届ける。一方、本体の赤外線受光部も感度を上げ、「ストレスフリーで使えるリモコン」(同社)を目指した。

ts_bdz07.jpg
ts_bdz08.jpg 付属のリモコン。カバーされていて見えないが、先端部は3つのLEDモジュールを扇状に並べている
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.