ニュース
» 2017年01月27日 22時58分 UPDATE

サブウーファーを置きたくない人のためのサウンドバー、ボーズから

ボーズは、サウンドバーの新製品「SoundTouch 300」を2月10日に発売する。新開発の「QuietPortテクノロジー」は、小型のエンクロージャーでボリュームを上げた際に生じる低域の歪みを抑える。

[ITmedia]

 ボーズは、サウンドバーの新製品「SoundTouch 300」を2月10日に発売する。価格は7万5000円(税別)。

「SoundTouch 300」設置例(オプションを含む)

 テレビ用サウンドシステムであると同時に、同社「SoundTouch」シリーズにラインアップされるネットワークオーディオシステムでもある。Wi-FiやBluetooth/NFCを搭載し、専用アプリ「SoundTouch app」を使ってスマートフォンなどのモバイル端末から操作が可能。Spotifyやインターネットラジオなど各種ストリーミングサービスも楽しめる。

 本体サイズは978(幅)×57(高さ)×108(奥行き)mm。ガラス製の天面とメタルグリルを組み合わせたスタイリッシュな外観が特徴だ。

天面はガラス製

 スピーカーユニットの構成もユニーク。筐体(きょうたい)の高さを抑えるため、メインのスピーカーは楕円(だえん)形のユニットを採用。本体中央に高域用のトランスデューサー(ツイーター)を設け、さらに本体両端に音をビームのように飛ばして反射音を作り出す「PhaseGuide」(フェーズガイド)アレイを配置。実際にはスピーカーのない場所からも音が聞こえ、包み込むような音場を作り出すという。

ユニット構成

 新開発の「QuietPortテクノロジー」は、小型エンクロージャーでボリュームを上げた際に生じる低域の歪みを抑えるというもの。「バスモジュールは置きたくないが、豊かな低音が欲しい人に適している」(ボーズのピート・オグリー氏)

 一方でフル5.1chへのアップグレードパスも用意した。別売オプションにはサブウーファーに相当する「Acoustimass 300 bass module」(7万5000円前後)やリアスピーカー「Virtually Invisible 300 wireless surround speakers」(3万5000円前後)をラインアップしている。

別売の「Acoustimass 300 bass module」

 映像入力はHDMIと光デジタルが各1系統。もちろん4Kパススルーや著作権保護技術のHDCP2.2をサポートしている。対応フォーマットはDolby Digital、DTS、MPEG-2 AAC、リニアPCM。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう