ニュース
» 2017年02月14日 00時04分 UPDATE

ピュアな素材で作られたB&O PLAYのワイヤレスヘッドフォン「Beoplay H4」

完実電気はB&O PLAYブランドのワイヤレスヘッドフォン「Beoplay H4」を3月2日に発売する。「ピュアな素材とピュアなデザイン、ピュアなサウンドを重視して作られた」(完実電気)という。

[ITmedia]

 完実電気は2月13日、B&O PLAYブランドの新製品「Beoplay H4」を発表した。Bluetooth対応のワイヤレスヘッドフォン。「ピュアな素材とピュアなデザイン、ピュアなサウンドを重視して作られた」(完実電気)という。カラーはチャコールグレーのみ。価格は3万2900円(税込)で、3月2日に発売する予定だ。

 イヤークッションの表面とヘッドバンドは柔らかいラムスキン製。クッション内部には形状記憶フォームを用い、ハウジング部にはアルミニウムを用い、B&O PLAYデザインのトレードマークであるミニマルな製品に仕上げた。

 ドライバーは40mm径で、Bluetooth接続時のコーデックはSBCとAACに対応している。また3ボタンのリモコンと充電用のMicroUSBコネクター、有線接続用の3.5mmミニジャックを備えている。本体重量は235g。有線接続時のインピーダンスは20Ω。1.2mのオーディオケーブル、および充電用のUSBケーブルが付属する。

 専用アプリ「Beoplay」を使えば、Bang&Olufsenのサウンドエンジニアが開発したCommute(通勤、通学)、Clear(クリア)、Workout(ワークアウト)、Podcast(ポッドキャスト)という4つのサウンドプロフィールを搭載。用途やシチュエーションに合わせたトーンとサウンドが楽しめるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう