レビュー
» 2017年04月28日 12時56分 UPDATE

橘十徳の「自腹ですが何か?」:ドリンクの色で夜を楽しむLEDランタンスピーカー「PLAYFUL BASE LANTERN SPEAKER BOTTLE.」 (1/2)

[橘十徳,ITmedia]
「PLAYFUL BASE LANTERN SPEAKER BOTTLE.」
amazon

 スマートフォンやタブレットとワイヤレス接続し、気軽に音楽を楽しめるBluetoothスピーカー。このBluetoothスピーカーにLEDランタンを搭載したのが今回紹介する「PLAYFUL BASE LANTERN SPEAKER BOTTLE.」だ。スピーカーとランタンを一体化させることで、荷物の数も減らせるし、食事のときなどにテーブルの上に置く物の数も減らすことができる。

円筒形のデザイン

 さらにこの製品には、普通のLEDランタンにはないユニークな特徴がある。上部の透明な部分はドリンクボトルになっており、ここに色の付いた飲料を注ぐことで、光の色を変えることができるのだ。もちろん中に入れたドリンクは、スピーカーを付けたまま飲むこともできる。

 ボトルパーツを付属のシェードパーツと交換するのも可能で、小型のスピーカー付きランタンとして使うことも可能だし、ドリンクボトルだけで使うことも可能。また、ボトルパーツやシェードパーツを着けないで懐中電灯として使うこともできる。これ1つでさまざまな使い方ができる製品だ。

凹凸のないすっきりとしたデザインで持ちやすい

アルミ製の高級感あるデザイン

 「PLAYFUL BASE LANTERN SPEAKER BOTTLE.」のサイズは70(直径)×215(高さ)mm、重さは約200g。凹凸の少ないすっきりとしたデザインで握りやすく、下部のスピーカーはアルミ外装で高級感がある。IP65の防水防塵仕様となっているので、雨のときも使うことが可能だ。

 付属品は、シェードパーツ、充電用microUSBケーブル、持ち運び用ポーチなど。カラーはシルバーとネイビーの2色が用意されている。

操作ボタン
付属の充電ケーブルを接続

 スピーカーボトルの上部には“D型”のリングを備えており、テントやポールなどに引っかけることができる。スピーカー出力は3Wで、連続再生時間は10時間。試しにiPhoneと接続してみたところ、問題なく接続することができた。

 操作ボタンは、電源ボタン、ライトボタン、ボリューム上げ/曲送りボタン、ボリューム下げ/曲戻しボタンの4つ。電源をオンにすると自動的にペアリングモードとなり、ペアリング済みの端末があると自動的に接続される。

持ち運び用ポーチとシェードパーツも付属

ドリンクで照明の色を変える

 音質は、低音が少し物足りないものの、コンパクトサイズでありながら3Wの出力で、アウトドアでも十分に楽しめる。ボリュームの上下や曲送り、曲戻しがスピーカー側で操作できるのも便利だ。また、音楽再生中に電話がかかってきた場合は、電源ボタンを押すことで電話に出ることもできる。

ライトボタンを押すと点灯
ボトルパーツは取り外し可能

 ランタンとして使う場合は、ライトボタンを押すと点灯する。ボトルパーツをシェードパーツと交換すればショートランタンとして使用することも可能で、前述したように懐中電灯としても使える。明るさは120lm(ルーメン)で、通常使用で10時間弱使用できる。なお、ランタンとスピーカーの同時使用の場合、約6時間となる。

シェードパーツに交換可能
ボトルパーツを取り外すと懐中電灯として使える
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう