レビュー
» 2017年10月08日 06時00分 公開

「ポケモンGO」の最大レベル到達で何が変わる? (1/2)

「ポケモンGO」のトレーナーレベルは40が上限だ。それ以降はXPを獲得してもレベルは上がらなくなるが、ゲーム性はどう変化するのだろうか。レベル40に到達してから約1カ月間、プレイを続けた結果をレポートする。

[山口真弘,ITmedia]

 「Pokemon GO(ポケモンGO)」がリリースされたのが2016年7月。そこから1年がたち、現時点でのトレーナー最大レベルである「レベル40」へとようやく到達した。1つの目標ではあったものの、いざ到達してみるとなかなか感慨深いものがある。

TL40 レベル40到達の瞬間!

 ポケモンGOにおけるレベル40到達者は、ゲームのリリースから半年ほどたった今春ごろからかなり見かけるようになり、今ではそれほど珍しい存在ではないが、まだまだ遠い道のりで想像がつかない人も多いはずだ。

 果たしてレベル40に到達した後、ポケモンGOのプレイスタイルはどのように変わるのだろうか。レベル40に到達してから約1カ月間、プレイを続けた結果をレポートする。

TL40 最後のレベルアップでもらえるどうぐ。今更「しあわせタマゴ」をもらっても仕方ねーよとツッコミを入れつつも、1つのゴールということもあり感慨深い

レベル40を超えると獲得XPのゲージが消滅

 レベルが40に到達すると、アプリの画面に幾つか変化が現れる。まず、マップビューの左下にあるトレーナーの経験値(XP)ゲージが最大値を指したまま固定となる。併せて、プロフィール画面に表示される進捗バーからはXPの表示が消滅する。これ以上XPを稼いでもレベルは上がりませんよ、という状態が明確に示されるわけだ。

TL40 レベル40を超えると、マップビュー左下のXPゲージが最大値を指したままの状態となる
TL40 トレーナーのプロフィール画面。これはレベル40直前のもの
TL40 レベル40に到達すると、獲得XPの表示が消滅する

 ただし変わるのは実質そこだけで、ポケモンを捕まえたり、進化させたり、あるいはジムバトルやレイドバトルをしたりなどのプレイは、それまでと一切変わらずに行える。

 またレベルこそ上がらないものの獲得したXPはきちんと記録されており、レベル40到達時の値(2000万XP)を超えてさらに増え続ける

【訂正:2017年10月8日午後10時 記事初出時、カウントされるXP上限について誤った表記があったため削除しました】

TL40 もっとも実際にはレベル40到達以降に獲得したXPも「TOTAL XP」にきちんとカウントされている

 このことから、いずれトレーナーのレベル上限が解放されることを期待し、レベル40到達後もXP獲得にせっせと励んでいる人もいるが、現時点ではレベルキャップ解放に関する具体的な情報は一切なく、また仮にレベルキャップが解放になる場合もその時点で上限を超えているXPがそのまま反映されるかは分からない。

 それゆえ、レベル40を過ぎて以降は、ポケモンの捕獲などで意識せずたまっていくのならまだしも、能動的にXP稼ぎをする必要はないというのが筆者の考えだ。

「すなを……すなをクレメンス……」

 ではレベル40を超えたら、何をすることになるのか。ポケモン図鑑埋め、メダル収集といった個別の目標はさておき、さしあたって必要になるのは「ほしのすな」の収集だ。正確に言うと、次に何をするにもほしのすなが必要になるため、ほしのすなの収集に追い立てられる羽目になる、と表現したほうが正しい。

 実のところ、レベル40を超えてから「ほしのすな」不足は一層深刻な問題になる

 というのも、それまでであればポケモンを捕まえると、XPとともにほしのすなが自動的にたまっていったのが、XP稼ぎが不要になってポケモンを捕まえなくなると、ほしのすなの供給ルートまでもが絶たれた状態になるからだ。定年を迎えて悠々自適の生活を始めようと思ったのに年金収入がなくなったようなものだ。

 レベルが40に到達するほどのトレーナーであれば、ポケモン図鑑はほぼ埋まった状態にあり、さしあたっての目標は(現在であれば)レイドバトルで入手できる伝説ポケモンの収集ということになる。

 しかし、レイドバトルで勝利するためには戦力となるポケモンの育成が不可欠であり、それには大量のほしのすなが必要だ。そのためトレーナーは、レベル40になっても引き続きポケモンの収集や、たまごふ化に精を出さざるを得なくなるわけだ。

TL40 レイドバトルでゲット可能になったことで、それまで入手困難だったバンギラス強化用のアメ(ヨーギラスのアメ)は比較的容易に集まるようになったが、ほしのすなが枯渇していると強化することすらできない

 また、ポケモンのレベルが上がると、進化に必要なほしのすながどんどん多くなっていくのも、ほしのすな不足に拍車を掛ける。

 ポケモンを1回強化するために必要なほしのすなは、最初のうちは「200」だが、最終的には「9000」にまで膨れ上がる。同時に必要になるポケモンのアメについては、今夏のアップデートで新しく加わった「ふしぎなアメ」で穴埋め可能になったが、ほしのすなについてはコツコツと収集するしかない。

TL40 ポケモンレベルが上がると、1回の進化に必要なほしのすなは「9000」にまで膨れ上がる。レイドバトルでゲットした高個体値ポケモンをMAXまで強化させるには、1体につき20万近いほしのすなが必要になる計算だ

 あらためておさらいしておくと、現在ほしのすなをゲットする方法としては、「ポケモンを捕まえる」「タマゴをふ化させる」に加えて「ジムに配置されているポケモンにきのみを与える」という方法があるが、たとえ課金したとしてもタマゴのふ化以外にほしのすな収集ペースを上げる方法はない。

 結果としてポケモンを捕まえ、距離を歩き、ジムに立ち寄るという、これまでと変わらない地道な作業が待ち受けているというわけだ。

TL40 レベル40に到達すると「ふかそうち」が4つもらえる。最初は「いまさらこんなものをもらっても……」とあきれるが、実はほしのすなゲットにはありがたいアイテムだ
TL40 ジムに立ち寄ってポケモンに「きのみ」を与えるのも、ほしのすな収集には(地味ながら)有効だ。ちなみに本稿執筆時点ではほしのすな2倍のキャンペーン(既に終了)が行われており、一度に20(×2倍)×100回=4000のほしのすなをゲット可能だった

 ちなみに筆者はレベル40到達時点ではほしのすなの手持ちが100万を超えており、レベル40を超えてレベルアップの必要がなくなれば、趣味ポケモンを進化させようと考えていたのだが、実際にはそれが全く不可能であることが分かった。

 本稿執筆時点ではちょうどほしのすな2倍のイベントが開催中だった(2017年10月3日で終了)が、頑張って6桁に乗せても、レイドバトルでゲットした高個体値のポケモンを1体進化させただけで終わってしまう。結果として、ほしのすなのストックは4桁と5桁を行ったり来たりという惨状だ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう