ニュース
» 2017年11月08日 06時00分 公開

ポケGOのレイドバトルに新ボス多数 どのポケモンを優先すべき? (1/2)

伝説ポケモンが次々と現れるようになった「Pokemon GO」のレイドバトル。11月に入って通常のボスポケモンも多数入れ替わり、話題となっている。

[ITmedia]

 「Pokemon GO」(以下、ポケモンGO)のレイドバトルに新しいボスポケモンが参戦してきた。11月5日から19種類の新しいボスポケモンとバトルしてゲットできるようになった一方、現れなくなったボスポケモンも多数存在する。まとめてチェックしていこう。

Pokemon GO 伝説ポケモンが続々登場中の「Pokemon GO」

新たなボスポケモン

  • 星4つ(金のタマゴ)
    • ゴローニャ(いわ、じめん)
    • ニョロボン(みず、かくとう)
    • ニドクイン(どく、じめん)
    • ニドキング(どく、じめん)
    • ウツボット(くさ、どく)

 星4つで最も注目すべきはゴローニャだ。11月末まで日本に出現する伝説ポケモンのエンテイに効果抜群のいわ技をタイプ一致(攻撃力1.2倍)で繰り出せることに加えて、エンテイのほのお技を軽減できる。今後の登場が見込まれる伝説ポケモンのホウオウにも強い。ボスポケモンとしてのCPは30572と高いので、バトルの際はシャワーズ、オムスター、ナッシーなど、効果抜群のみず技とくさ技が得意なポケモンを選出したい。

Pokemon GOPokemon GO ゴローニャ(左)、ニョロボン(右)
Pokemon GOPokemon GO ニドクイン(左)、ニドキング(右)
Pokemon GO ウツボット

  • 星3つ(金のタマゴ)
    • オムスター(いわ、みず)
    • ストライク(むし、ひこう)
    • キュウコン(ほのお)
    • ポリゴン(ノーマル)

 星3つで即戦力となるのはオムスターだ。エンテイに効果抜群のみず技といわ技をタイプ一致で出せるうえ、ほのお技を半減できる。ストライクはハッサムに進化すれば、フィールドテスト中のEXレイドに現れる伝説ポケモンのミュウツーに有効なむし技をタイプ一致で高威力に放てるのがポイント。ポリゴンはレア度が高いポリゴン2に進化できる他、少々気が早いが、第4世代(シンオウ地方)まで待てばポリゴンZに進化する。

Pokemon GOPokemon GO オムスター(左)、ストライク(右)
Pokemon GOPokemon GO キュウコン(左)、ポリゴン(右)

  • 星2つ(ピンクのタマゴ)
    • パルシェン(みず、こおり)
    • ドククラゲ(みず、どく)
    • サンドパン(じめん)
    • レアコイル(でんき、はがね)
    • ガラガラ(じめん)
    • ヤミラミ(あく、ゴースト)

 星2つでは、ハロウィーンイベントで先行投入された第3世代(ホウエン地方)のヤミラミが目を引く。低確率ながら、色違い(金色)のヤミラミが登場する可能性もある。レアコイルは第4世代まで待てばジバコイルに進化するので、今のうちに強い個体を確保しておくのも手だ。パルシェンは星2つながらCPが高く、硬いポケモンなので油断は禁物だ。

Pokemon GOPokemon GO パルシェン(左)、ドククラゲ(右)
Pokemon GOPokemon GO サンドパン(左)、レアコイル(右)
Pokemon GOPokemon GO ガラガラ(左)、ヤミラミ(右)

  • 星1つ(ピンクのタマゴ)
    • フシギソウ(くさ、どく)
    • リザード(ほのお)
    • カメール(みず)
    • トランセル(むし)

 星1つは第1世代(カントー地方)の御三家が1段階進化した姿で登場。これまではリザードンなど最終進化した姿で星4つの難度だったため、少人数では倒しにくかったが、ソロプレイでもバトル&ゲットがしやすくなった。

Pokemon GOPokemon GO フシギソウ(左)、リザード(右)
Pokemon GOPokemon GO カメール(左)、トランセル(右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう