ニュース
» 2017年11月17日 18時27分 公開

DAZN「年間視聴パス」をJリーグの各クラブが発売 料金の一部がチームの強化費用に

「DAZN」が年間1万9250円(税別)で見放題になる「年間視聴パス」を発表。Jリーグ2018-19シーズンに向けクラブごとに特典を付けて順次販売する。料金の一部はチームの強化費用として還元する。

[ITmedia]

 スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN」(ダ・ゾーン)は明治安田生命Jリーグ2018-19シーズンに向け、年間1万9250円(税別、以下同)で見放題になる「DAZN年間視聴パス」を発表した。クラブごと特典をつけて順次販売し、購入金額の一部を強化費用としてクラブに還元するという。

photo

 DAZNは、サッカーはもちろん野球やバレーボールなどさまざまなスポーツの試合が月額1750円(税別)で見放題になる動画配信サービス。通常1年で2万1000円かかるが、年間視聴パスでは1カ月分安くなる。

 年間視聴パスを申し込めるのは、DAZN登録済みまたは新規登録するユーザー(※アカウントを一時停止しているユーザーを除く)。「DAZN for docomo」を利用しているユーザーや、利用料をアップルのApp Store経由で支払っているユーザーは対象外だ。なお、発売日や販売方法、特典などはクラブによって異なり、ファンクラブへの加入など追加条件を設けている場合もある。11月17日時点ですでにセレッソ大阪徳島ヴォルティスロアッソ熊本などが販売を行っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう