ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年01月16日 15時57分 公開

日産、SUVコンセプト「Xmotion」世界初公開 日本建築から着想 (1/4)

日産自動車が、3列シートのSUVコンセプトカー「Xmotion」を世界初公開。日本建築や伝統工芸品からヒントを得たデザインを採用したという。

[ITmedia]

 日産自動車は1月15日、3列シートのSUVコンセプトカー「Xmotion」(クロスモーション)を、2018年北米国際自動車ショー(米デトロイト)で世界初公開した。日本建築や伝統的な工芸に着想を得たデザインに仕上げ、「2020年以降の日産ブランドデザインの方向性の1つを示唆する」としている。

photo

 フロントの「Vモーショングリル」やブーメラン型ヘッドランプなど、日産ブランド独自のデザインを採用した。進化したVモーショングリルは、グリルの幅と奥行きを確保し力強さを表現。日本建築からヒントを得て、深みのあるカーボンカラーなどで「より印象深い」仕様を目指した。

 ブーメラン型ヘッドランプは、鍛えた鋼の剣を思わせるシャープなラインで構成し、ハイビーム、ロービーム、ターンシグナル(方向指示器)、ポジショニングランプなどの機能を1カ所のユニットに統合した。

 リアコンビランプは、日本の伝統的な木工である「組子」のディテールやパズルからインスパイアされたデザインを採用。ボディーサイドは、U字型のハイライトが入る面構成とし、彫刻的な雰囲気を与えるように仕上げたという。

 内装は、伝統的な日本の要素と、近未来のライフスタイルテクノロジーの要素を共存させたという。長いホイールベースと、4つのコーナーにタイヤを配したことで「4+2」のレイアウトを実現。3列に並んだ独立性の高い座席は、2組のカップル、子どもやペットなどでも使いやすいように設計したという。

 補助席を確保するために、収納式の「ルーフトップボックス」も搭載した。

photo
photo
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.