ニュース
» 2018年01月25日 15時37分 公開

ソニー、「toio」発売再延期 「安定的な生産体制構築のため」

ソニーは、1月中の発売を予定していた体感型トイ・プラットホーム「toio」(トイオ)の発売時期を再び延期すると発表した。「計画通りに生産が行えていない」ため。

[ITmedia]

 ソニーは1月25日、1月中の発売を予定していた体感型トイ・プラットホーム「toio」(トイオ)の発売時期を再び延期すると発表した。「計画通りに生産が行えていない」(ソニー広報・CSR部)ため。新たな発売時期は未定で、「後日案内する」としている。

画像 toio
画像 ニュースリリースは発売時期が2度書き換えられている

 toioは、本体と「対応タイトル」と呼ばれる別売りカートリッジを組み合わせることで、おもちゃを触りながら操作し、動きのある工作などを楽しめるプラットフォームで、昨年6月に発表。対応タイトルとしてまず「トイオ・コレクション」「工作生物 ゲズンロイド」を発売する予定だ。

 toio本体・対応タイトルとも、当初は昨年12月1日発売予定だったが、昨年11月、「発売を18年1月に延期する」と発表。さらに今回、「1月中の発売は難しい」として再延期した。安定的・効率的な生産体制を検討した上で、後日、発売時期を案内する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10