ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年02月16日 18時05分 公開

エヴァンゲリオン新幹線「500 TYPE EVA」、最後の完全貸切ツアー発売

エヴァンゲリオン新幹線「500 TYPE EVA」の運行終了を記念して、最後の完全貸切ツアーを発売する。

[太田智美,ITmedia]

 西日本旅客鉄道は2月16日、エヴァンゲリオン新幹線「500 TYPE EVA」の運行終了を記念して、最後の完全貸切ツアーを2月19日に発売すると発表した。ツアーは阪急交通社が企画・実施し、1号車の「500 TYPE EVA 展示・体験ルーム」にある「実物大コックピット搭乗体験」ができる40人限定のAプラン(2万1000円)のほか、3つのプランを用意している。


エヴァンゲリオン新幹線

エヴァンゲリオン新幹線

 運行は4月6日。新大阪を午前8時11分に出発し、博多には午前11時39分着予定となる。乗降駅は、新大阪、新神戸、姫路、岡山、広島〜小倉、博多駅。使用車両は500系8両編成の「500 TYPE EVA」で、定員は489人。参加者全員に「500 TYPE EVA オリジナルNゲージ」(非売品)が付くという。

 500 TYPE EVAは、山陽新幹線全線開業40周年とエヴァンゲリオンのテレビ放送開始20周年を記念し2015年11月7日に運行開始。当初は17年3月に終了予定だったが、延長され18年5月13日に運行終了を迎える。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.