ニュース
» 2004年01月09日 10時10分 UPDATE

2004 International CESBlu-ray Disc Founders、ROM規格を発表。HP、DELLも採用へ

Blu-ray Discの規格化団体がCES初日、そのROM規格を発表した。またHPとDellがPCへのBlu-ray搭載を表明した。

[本田雅一,ITmedia]

 Blu-ray Discの規格化団体「Blu-ray Disc Founders」(BDF)は「2004 International CES」の初日、Blu-ray DiscのROM規格が決定したことを発表した。

 Blu-ray ROM Discは1層25Gバイト、2層50Gバイトの容量で、フルHDフォーマットの映像を最大4時間記録できる。

 インタラクティブなメニューやボーナスアプリケーションを作るためのフォーマットも同時に決まり、3Dグラフィックスを用いたよりリッチなプログラムを組み込むことが可能。ROM規格において、メディアを保護するカートリッジは不要になっている。

 またROM規格の発表会には、Hewlett-PackardとDellの担当者が来場し、共同でBlu-ray Discを将来の自社製品に採用することを宣言した。両者はまだFoundersに加盟しているわけではないが、PCへのの採用が不透明だったBlu-ray DiscがPCにおいて普及する可能性が高まったことは大きな意味がある。なぜなら光学ドライブの年間出荷台数は、家電向けよりもPC向けの方が圧倒的に多いからだ。

jn_bluray.jpg 「HP+Dell+Blu」と、Blu-ray支持を鮮明に打ち出したHPとDell

 また記録層のプロテクトレイヤが0.1ミリしかなく、メディアの歩留まり、生産性が悪いと指摘されていることに関しても、新しい技術を用いた製造ラインを今年4月に立ち上げ、段階的に問題を解決することでライバルに遜色の無いレベルにまで達することができるとしている。(詳報は追ってレポートする予定)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -