速報
» 2004年01月14日 15時53分 UPDATE

Kodak、米などで35ミリフィルムカメラから撤退

[ITmedia]

 米Eastman Kodakは1月13日、35ミリ/APSフイルムカメラの米国・カナダ・西欧での生産販売から撤退すると発表した。

 デジタルカメラの普及におされた形。だが中国とインド、東欧、ラテンアメリカではフィルムカメラの販売が伸びており、これら地域向けに新製品の投入と販売を続ける。

 APSはKodakなどを中心に1996年に登場した規格で、同フィルムの生産も続けるとしている。来月、35ミリとAPSのフィルム新製品を世界市場向けに発表する計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -