速報
» 2004年01月15日 20時21分 UPDATE

ウイルス感染ユーザーは回線の一時停止も NTT東

NTT東日本は、フレッツサービスの利用者などに向けて、ウイルス対策などで端末が正常に動作していることを確認するよう「お願い」している。場合によっては該当回線の一時的な利用中止もありうるという。

[RBB Today]
RBB Today

 NTT東日本は、フレッツサービスの利用者などに向けて、ウイルス対策などで端末が正常に動作していることを確認するよう「お願い」をおこなっている。LAN機器の異常やコンピュータのウイルス感染などにより、大量のデータ送受信が発生して地域IP網に影響が出ているとのことで、場合によっては当該回線の一時的な利用中止もありうるという。

 警察庁などによると、今でもまだBlasterによるものと思われるパケットが検出されているという。回線が止まるとセキュリティアップデートの導入もままならなくなるので、「自分は大丈夫」と思っている人も、念のためルータやモデム、ONUのデータランプを確認して、何も操作していないのに点滅し続けるといったことがないかチェックしてみてほしい。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -