速報
» 2004年01月16日 19時00分 UPDATE

電子ペーパーでコピー用紙同等の表示品質 富士通研

 富士通研究所が、一般のコピー用紙と同等の白さとコントラストを達成した電子ペーパーのコンセプトモデルを試作した。2006年ごろの実用化を目指す。

[ITmedia]

 富士通研究所は1月16日、一般のコピー用紙と同等の白さとコントラストを達成した電子ペーパーのコンセプトモデルを試作したと発表した。2006年ごろの実用化を目指す。

sk_fujitsu_01.jpg

 開発したのは、紙媒体と同等の表示品質を確保できる電子ペーパー用表示材料技術。イオン導電性の高い高分子固体電解質をベースに、電圧を加えることで発色・消色が可能な「エレクトロクロミック材料」を点火している。高分子固体電解質を構成する樹脂成分を3次元の網目構造にすることで、下地の白色を形成する顔料を高濃度で均一に保持できるという。

sk_fujitsu_02.jpg

 新技術を使った試作品は、コピー用紙と同等の白色度80以上、反射型表示でコントラスト比15以上と紙と比べ遜色ない表示品質を実現できたという。電源を切っても表示が消えないメモリ性と、本体のフレキシブル性も持ち、電子ペーパーに適している。

 電子ペーパーは、紙とディスプレイの長所を併せ持つ次世代表示メディアとして米E-Ink・凸版印刷などが開発を進めている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -