速報
» 2004年03月18日 23時04分 UPDATE

「SoftEther 1.0」リリース Linux版仮想HUBも公開

初のメジャーバージョンとなる1.0では安定度が向上。Windows版と同等のLinux版仮想HUBソフトのテスト版も公開された。

[ITmedia]

 登大遊氏は3月18日、仮想LAN構築システム「SoftEther」のVersion 1.0を公開した。Webサイトから無償でダウンロード可能だ。またLinux版仮想HUBソフトのテスト版も公開した。

 初のメジャーバージョンとなる1.0では、仮想LANカード、仮想Hubの安定度が向上したほか、「接続マネージャー」が画面上に表示されなくなるなどの不具合が解消されている。直前のVersion 0.50ベータ3から新規に追加された機能はない。対応OSはWindows 2000/XP/Server 2003。

 Linux版仮想HUBは、Windows版と機能的に完全に同等という。ただ「テスト段階のため、パフォーマンスや安定性などの性能についてはWindows版の品質に達していない」としており、Windows版と比べ動作速度が遅くなったり、CPU負荷が高くなる場合があるという。本格的な運用や高負荷での連続稼働などを行うと不具合が発生する可能性があるとしている。動作確認済みディストリビューションはRedHat 7.1/9.0、Vine Linux 2.6。

 またOpenSSLに見つかった脆弱性についての影響も報告した。Version 1.0は同脆弱性の影響は受けないが、Version 0.50ベータ3以前のバージョンには同脆弱性を含むOpenSSLコードが含まれているため、DoS攻撃を受ける可能性がある。このため早期にVersion 1.0にアップデートするよう呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -