速報
» 2004年04月01日 08時13分 UPDATE

ゲイツ氏、セキュリティ強化の進捗状況を報告

Microsoftのビル・ゲイツ会長は顧客あての電子メールで、同社が「セキュリティ戦線で大きな前進を遂げた」と述べ、セキュリティ関連の取り組みを長々とリストアップしている。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米Microsoft会長兼チーフソフトウェアアーキテクトのビル・ゲイツ氏は3月31日、顧客に向けた電子メールで、自社ソフト製品のセキュリティ強化の取り組みについて詳細な報告を行った。

 コンピュータセキュリティを「業界がこれまで取り組んできたあらゆる問題と同程度に大きく重要な課題」と表現、Microsoftは「セキュリティ戦線で大きな前進を遂げた」と述べている。

 3500語に及ぶこの電子メールメッセージは「Microsoft Progress Report: Security」と題され、Microsoft幹部執筆のメールの受信を申し込んだ顧客あてに送られた。

 この中で同氏は、Microsoftのセキュリティ関連の取り組みを長々とリストアップ。「セキュリティ戦線での前進」を裏付ける証拠として、今後登場予定のWindows XP SP2とWindows Server 2003 SP1に取り込まれる機能、「発信者番号通知」風のスパム対策、Windowsにおける強化型認証/PKI技術のサポート、Microsoftにおけるソフトコーディング手法の改善などを挙げている。→詳細記事

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -