ニュース
» 2004年04月19日 14時49分 UPDATE

自分の手でネットを“進化”させたい――「はてな」社長の夢 (1/2)

「インターネットは、人が本来持っている力を飛躍的に伸ばせる可能性を持った未完成の道具。この道具を進化させ、人間の生活を豊かにしたい」――そんな思いが「はてな」を生んだ。

[岡田有花,ITmedia]

 「インターネットがあれば何もかもが便利になって、皆がハッピーになれる」――“ネット万能論”がまかり通っていたネットバブル末期。ドットコム企業の株価は上がっても、一般の人の生活は一向に変わらない。そんな状態に業を煮やし、「自分なら世の中を本当に便利にするネットサービスが作れる」と起業を決意した当時25歳の青年がいた。「はてなダイアリー」や「人力検索サイト はてな」などで知られるはてなの近藤淳也社長だ。当時、自転車レースを主に撮影する、京都在住のプロカメラマンだった。

photo 近藤淳也社長

 起業を決めた近藤社長はカメラマンの仕事を捨て、妻と友人3人で2001年7月、京都で有限会社はてな(現在は株式会社)を設立。初心者でもネットで手軽に目的のサイトが探せる「人力検索サイト はてな」をオープンした。

photo 人力検索サイト はてな

 人力検索サイトとは、知りたいWebサイトを文章で質問すると、別のユーザーが教えてくれるというサービス。ネットを始めたばかりの父親が、検索に苦労する姿を見てひらめいた。

 「ネットで情報を探すには“語句間にスペースを入れればアンド検索”など特殊な検索ルールを覚えねばならず、初心者には難しい。一方で、人間にはもともと“文章で質問する”という技術があるんだから、それを生かして検索できるサービスがあれば便利だろうと考えた」(近藤社長)。

 しかし当初はユーザー数が伸びず苦戦した。原因は、質問を有料にしたことにあったと近藤社長は分析する。質問するには1回60ポイント(1ポイント1円)が必要。満足のいく回答を寄せてくれた回答者には、質問者が任意のポイントを支払う仕組みになっている。

 「“はてな”という聞いたこともないサイトがあって、有料で何か質問できると突然言われても信頼できないし、正直、僕でも使わないだろうと思った」と近藤社長は当時を振り返る。ブランド力のないサイトに、抵抗なくお金を払ってくれるユーザーはなかなかいなかった。

 かといって、無料化はしなかった。「質問が無料だと、質問者の立場が回答者よりも低くなってしまう。無料の掲示板やQ&Aサービスでは、初心者が簡単なことを質問をすると『そんな当たり前のことは聞くな』とか『既出だよ、ちゃんと調べてから質問しろよ』などと回答者に冷たくあしらわれることが多い」(近藤社長)。有料にすることで質問者の立場を高め、検索が苦手な初心者でも優しく迎えてもらえるサービスをめざした。

起死回生の策としての「アンテナ」と「ダイアリー」

 人力検索サイトのユーザー数を増やすため、無料化の代わりにとった策は、2002年5月に始めた「はてなアンテナ」と2003年3月オープンの「はてなダイアリー」。「便利なサービスをもう一つ提供するから、人力検索と一緒に使って、ネットの便利さを体感してほしいという思いだった」(近藤社長)。

photo はてなアンテナ

 はてなアンテナは、指定したWebサイトを自動巡回し、更新情報を表示してくれる無料のアンテナサービス(オプションは有料)。近藤社長が使っていたフリーのアンテナソフトからヒントを得た。4月16日現在、4万8700人に利用されている。

photo はてなダイアリー

 はてなダイアリーは、Webブラウザから簡単に更新できる無料日記ツール(同)。「同じ興味を持った人と自然にコミュニケーションできるシステムがあれば楽しいだろう」と考えた近藤社長は、同じキーワードを使っている日記同士がリンクでつながる仕組みを取り入れた。この仕組みが人気を呼び、はてなダイアリーは4月16日現在、3万7400人のユーザーを獲得している。

 ブログ(Blog)サイトが流行し始めた最近、「はてなダイアリーは日本最大のブログサイト」「国内のブログサイトの先駆け」などと言われこともある。しかし近藤社長はダイアリーを作った当初、ブログは全く意識していなかったという。

 「国内でブログが流行しだしたので、宣伝効果を狙って“はてなダイアリーもブログです”と言ってはいるが、もともとブログとは関係ない、オリジナルのサービスとして始めた。ブログは一過性のブームだから、1、2数年後には沈静化し、いくつかのブログポータルがつぶれるような事態になるだろう。その時にも何事もなかったかのように涼しい顔をしてダイアリーを続けていたい」(近藤社長)。

 はてなが目指すのは、初心者でもとっつきやすく、ずっと使い続けてもらえるサービス作り。ブームを利用してユーザー数を増やすことはあっても、ブームだからといって人と同じことはしない。「他の誰かができることをしても意味がないから」(近藤社長)

 2004年4月、はてなは京都から東京に移転した。「本当は、京都でずっと続けてみたかった。でも東京で色々な人に出会い、刺激を受けることも必要だと思った」(近藤社長)。

経費はかかっても、ユーザーは多ければ多いほどいい

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -