ITmedia NEWS >
速報
» 2004年04月19日 17時15分 UPDATE

「Virtual PC 2004」日本語版、5月発売

仮想マシンソフト「Virtual PC 2004 日本語版」を5月6日から順次発売。米Connectixから同ソフトを買収して以来、マイクロソフト製としては初のWindows向け仮想マシンソフトとなる。

[ITmedia]

 マイクロソフトは4月19日、仮想マシンソフト「Virtual PC 2004 日本語版」を5月6日から順次発売すると発表した。米Connectixから同ソフトを買収して以来、マイクロソフト製としては初のWindows向け仮想マシンソフトとなる。

sk_vpc_01.jpg

 1台のPC上に複数のPC環境を仮想的に構築するソフト。Windows XPなどの最新OS上で旧バージョンのOSを動作させることができる。

sk_vpc_02.jpg

 最新OSと互換性がないアプリケーションを仮想マシン上で利用でき、企業のOS移行時の互換性問題を低コストに解決可能としている。また新ソフトの開発やテクニカルサポート、トレーニングなど複数のOSが必要な環境でも活用できる。

 ホストの対応OSはWindows 2000 Professional/XP Professional/XP Tablet edition

 ボリュームライセンス製品は5月6日発売でオープン価格。通常版パッケージは5月14日発売、推定小売り価格は1万5800円。

 45日間無償トライアル版のダウンロード提供も始めた。同社Webサイトで配布している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -