ITmedia NEWS >
速報
» 2004年04月21日 09時55分 UPDATE

Internet2、スピード新記録達成

カリフォルニア工科大学と欧州素粒子物理学研究所(CERN)の研究者が、1万1000キロの距離を隔てて平均6.25Gbpsでデータを転送した。関係者はデータ転送速度の記録について「年内に10Gbps近くまで行くだろう」と話している。

[ITmedia]

 現在のインターネットより高速なネットワークの研究を進めるInternet2プロジェクトは4月20日、インターネット速度の記録更新を発表した。

 カリフォルニア工科大学と欧州素粒子物理学研究所(CERN)の研究者が、1万1000キロの距離を隔てて平均6.25Gbpsでデータを転送した。同じチームは過去に次世代インターネットプロトコルIPv6を使って4Gbpsを達成している。今回は現在のインターネットで採用されているIPv4を利用した。

 CERNの外部ネットワーキング担当責任者で欧州連合(EU)DataTAGプロジェクトのマネジャーを務めるオリビエ・マーティン氏は、データ転送速度の記録について「年内に10Gbps近くまで行くだろう」と話している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.