速報
» 2004年04月23日 18時17分 UPDATE

一眼レフが好調、10万円以上のデジカメ販売が3.6倍に

デジタルカメラの今春の出荷状況は、台数で前年同期比44.9%増、金額で同41.5%増。今後も好調が続きそうだ。

[ITmedia]

 BCN総研は4月23日、今年1月12日から4月11日までのPC関連機器の店頭販売状況をまとめた。デジタルカメラが販売台数、金額ともに前年同期比4割以上の伸びを見せ、中でも10万円以上の高級機の出荷台数は同3.6倍に急伸した。

 調査対象は、東名阪のPC専門店・家電量販店で販売された、PCやディスプレイ、プリンタ、光学ドライブ、デジカメなど。対象製品全体の販売台数は前年同期比4.4%増、販売金額は同4.3%減となった。

 台数・金額ともに増加幅が大きかったのはデジタルカメラとメモリカード。デジタルカメラは台数で前年同期比44.9%、金額で同41.5%、メモリカードは台数で同63%、金額で同79.1%伸びた。特に、一眼レフ機など10万円以上の製品の販売台数は同265%増と大きく伸びた。全体の販売金額のうち、デジカメが占める割合は同4.1ポイント増の12.5%。「高級機の需要が高まり、低価格化の影響も小さいため、デジカメは今後も市場をけん引するだろう」(同社)。

 プリンタでは、複合機が台数で前年同期比80.8%増、金額で同54.2%増と好調。一方、インクジェット機は金額、台数とも同2割前後落としている。

 PC本体はマイナス成長。デスクトップの販売台数は前年同期比14.6%減、金額で同14.4%減。ノートPCでは台数で同7.3%減、金額で同11.3%減だった。

 記録型DVDドライブの販売台数は前年同期比64.1%伸びたものの、金額は同4.7%減。ディスプレイはCRTが台数・金額ともに5割程度減った。LCDは台数で4.2%減、金額で1.9%増となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -