速報
» 2004年04月30日 08時12分 UPDATE

RIAA、学生含む477人を追加提訴

訴訟は被告名を特定しない形で起こされ、今後の訴訟手続きを通じて被告の身元が特定される。今回の提訴でRIAAは、大学での違法ファイル交換対策に力を入れていることを強調している。

[ITmedia]

 全米レコード協会(RIAA)は4月28日、ファイル交換ユーザー477人の追加提訴を発表した。この中には大学のネットワークを使ってP2Pサービスで違法にファイルを交換していた14大学の69人も含まれる。

 前回までと同様、訴訟は被告名を特定しない形で起こされ、今後の訴訟手続きを通じて被告の身元が特定される。今回の提訴でRIAAは、大学での違法ファイル交換対策に力を入れていることを強調、RIAAプレジデントのキャリー・シャーマン氏は「学生向けの合法的な音楽サービス提供と並び、大学全体での啓発と技術的戦略は重要な役割を果たしている。しかし補完的な措置として、これが違法であることを知らしめるために、重大な違反者に対しては著作権者が強制措置を取ることも必要だ」と述べている。

 大学向け音楽サービスでは米MusicNetがCflixと提携して、エール大でパイロット版のサービスを立ち上げている(4月28日の記事参照)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -